2014年11月25日

UCの為の冷えとり入浴

冷え
物心ついた時から私を悩ませしもの

今でこそ、冷えとり靴下や、足用ホッカイロにモコモコのルームシューズなど
冷え性対策の商品が豊富ですが
幼い頃は情報も、冷え性に関するグッズも乏しかったので
毎年しもやけをこさえては、おばあちゃんの知恵袋的・靴下に唐辛子だとか(全然効かない)
気休めにもならないユースキンを塗ったりして
こたつで温まる足の指先のかゆみと闘う
憂鬱な季節でありました、冬。

冬といえばお風呂
木枯らし吹きすさぶ外から帰ってきて
温かいお風呂に入るのは、本当に気持ち良いものですよね

昨今は入浴剤も沢山種類があって
入浴剤.jpg
アレコレ迷うのも楽しいですし(AYURAはメディテーションバスの香りも大好きです)
ここ何年かは「クナイプ」か「きき湯」に落ち着いておりました

しかし
出来る限り不要なものが入っていないで、身体があたたまるものを探していて
まさか叶姉妹のブログに辿り着くとは!

叶姉妹のブログに出て来たのは「炭酸風呂」
興味を持ちつつ
でも、それって、お高いんでしょう?(通販番組風に)
叶姉妹だったら、ブルガリとかエルメスの炭酸風呂使ってても驚かないわ!と思って読んだら

重曹と、クエン酸に粗塩を配合した
なんとお手製!!

ということで早速
クエン酸.jpg
重曹とクエン酸を購入し
試してガッテン!

すると
炭酸風呂.jpg
んまー!汗の量が、あられもない!
二の腕のざらつきやすいところもツルツルになるし
クエン酸を入れることで、水道水の塩素(?)の匂いも分解されて良いことずくめ!

その後
お灸でおなじみ「せんねん灸」の銀座サロンにて入手した
よもぎ.jpg
乾燥よもぎの葉
よもぎ中身.jpg
これを出汁パックに入れてお風呂にIN
よもぎ風呂.jpg
炭酸風呂はわりと早めに大粒の汗がドバドバボタボタ出て来る(ちから技っぽい)のに対して
よもぎ風呂は、スタートダッシュこそ遅いものの
肌表面というより、身体の奥からじんわりコトコト温める感じ

炭酸風呂がジュリア・ロバーツ(アメリカンビューティー)なら
よもぎ風呂は吉永小百合さん(やまとなでしこ)みたいな。

しかも、寒さが本格的になって来たこの時期
お風呂から上がってしばらくしても
お腹がじわじわ.jpg
お腹がじわじわあたたかい
よもぎの香りも気持ち良いし
韓国にはよもぎ蒸しがあるし、女性の身体には良いことずくめ!

どちらも気持ち良い程汗が出ます
半身浴には、読書しながらがおススメです

ただし
その昔.jpg
のぼせずに、途中で切り上げられるよう
短編小説、もしくは軽めエッセイがよいと思います
posted by オリド マキ at 13:46| 潰瘍性大腸炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月21日

腸のための飲み物

潰瘍性大腸炎(UC)になってから
食べ物はもちろんですが
飲み物にも気をつけています

朝は起き抜けにヤクルト(小腸に良いらしい)
ヤクルト.jpg
その後、朝のコーヒーをカップに半分
(コーヒーは身体冷やすらしいけど、許す)

その後
午前中は、白湯で漢方をゴクゴク飲んで
小腹が空いたら、梅醤番茶
梅醤番茶はこの本で知りました
本.jpg
最初はどうにも美味しくなさそう・・・と半信半疑だったのですが、番茶を注いで立ち上る香りは
おせんべいの香ばしさ!
熱々をすすると、お腹がポカポカしてやみつきになります
但し、保存料や添加物が入った梅干しですと、そういうものが番茶に溶け出すのか
不味そうな匂いと味になります
少々お値が張りますが、塩と梅だけで漬けているものを選びたい
因にうちでは
うめぼし.jpg
これを使っています
梅醤番茶.jpg

さらにその時々で
黒砂糖と生姜を煮詰めたものをつくり置きしておき
黒糖生姜.jpg
紅茶に入れて、生姜紅茶に
(個人的にははちみつより黒砂糖がまろやかで好き)

お昼を食べたら午後は白湯か、冷えを感じたら生姜紅茶
夕食後にはミルミル(大腸に良いらしい)

じっくりお風呂で温まったら、火照った身体に
女神の林檎.jpg

ひず屋女神の林檎を常温水割りでグビッ!
この女神の林檎は
青森出身イラストレーターの柿崎こうこちゃんが教えてくれた逸品で
青森の林檎と、鮭から採れるプロテオグリカンを黒酢に配合したもの
(説明がザックリ過ぎるのでご興味ある方はサイトをチェック☆)

プロテオグリカンはまだ医療承認を受けていないので
「UCの改善に効果があります」と謳ってはいけないそうなのですが
粘膜を保護し、腸内細菌を整え、免疫力UPの効果がみられているそうなのです
医薬品ではないので、即効性というよりは
「1本飲み終わった頃、違いを感じて欲しい」とのこと

とーこーろーがー
1本飲み終わらないどころか
飲み始めて翌日
内視鏡検査をした後、腸内環境が変わったせいで
お通じとどこおりがちだったのが
スッキリー☆
しかも、今年から始めた肌断食で
はじめて迎える冬に乾燥気味だった素肌も、心なしか潤っているし
なにより、美味しくてゴクゴク飲める!

ミルミルと女神の林檎の最強タッグで
今ところ、症状がぶり返していませんし
むしろ絶好調!

ミルミルや、ヤクルトなどの乳製品や糖分をとることは
UCには良く無いという見解もありますので、どなたにもおススメ出来るものではありません
まして、起きぬけにヤクルトを飲んでも、空腹時の胃酸によって
乳酸菌が分解されて腸まで届かないなんて情報もあります

はじめたばかりの漢方も
起きぬけ、胃に何も入れていない状態で飲むよう、お医者さんに言われましたが
胃が空っぽの時に大量の白湯を飲むことが私には合っていなく
すぐにお腹を下しました(UCにとってお腹を下すのは、ほんとダメです!)
病院に連絡をしたら、朝食後に変更になり
私の場合は、目覚めの一服にヤクルトが体調にはよろしいよう

以前の健康ブームで「水を1日2リットル飲むのがよい」というのが広まった時
私もチャレンジしてみましたが
お医者さんに
「腎臓の弱い人がそんなに水を大量に飲むというのは、油の切れたエンジンを無理矢理ふかす様なもの」
と怒られたことがあります
その時も、身体は全然心地よく無かったし、無理矢理感満載だったにも関わらず
「身体にいいはず」と言い聞かせてやっていた気がします

今はネットで簡単に、色んな情報を手に入れることが出来ます
だからこそ、自分で見極めることが大事
女神の林檎を教えてくれたこうこちゃんもまた
故郷、青森のものだからとすすめるのではなく
自分で体験し、本当に良いと思ったものだけを教えてくれるので安心感が違います
まずはウラを.jpg


情報に身体を合わせるのではなく
身体の声で、情報を選択していきたいと思います
病気になったからこそ、賢く!そして心地よく!!
posted by オリド マキ at 13:54| 潰瘍性大腸炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

食生活を大反省

UC(潰瘍性大腸炎)になって先ず
食生活を見直しました

アーユルヴェーダでいうところ
午前中(4:00〜12:00)は
排泄の時間
朝ご飯は食べない方が良いとのこと

うそでしょう?!
生まれてこのかたずっとずっと
朝ご飯は一日のエナジーだとか
朝ご飯を抜いたら逆に太るとか
数年前には「朝ご飯」っていうテーマで
浅草サンバカーニバルで
♪朝ご飯食べなきゃダメダメ♪って歌ってたよ!!

しかし、ご飯を食べると消化の為に血が胃に集まるので
身体の悪いところの修復にまわす血液が少なくなるそう
逆に空腹だと、消化の為に使われる血液が、内蔵修復にまわせるので
ダメージの回復が早いのだとか
(病気になったり、風邪をひくと食欲がなくなるのはそのため)

空腹は辛いけれど、それで症状が悪化するわけでなし
家で仕事している身なので、お腹の虫がずんどこ鳴っても問題無(モーマンタイ)

ということで、試してみました

朝は起き抜けにヤクルト
朝食時間にコーヒー
その後、漢方をぬるま湯で飲み
生姜紅茶や白湯を飲んでも、お腹がふくれる筈もなく

10時前から「お昼まであと○時間・・・」家事をしながらカウントダウン
買物に出かけても、お惣菜や、お店から漂うおだしの誘惑に負けそうになるものの
空腹を感じる度に
「ああ、今大腸が修復されているんだわ・・・」と思えば
さほど辛くないのです

そして迎えるお昼ご飯でも
良く噛んで
腹八分目で
食物繊維多めで
消化に良いものを・・・と考えると
今までのように
甘いものは別腹・・・とか
昨日の残りばっかりで、心が満たされないから、みたらしだんご追加でとか
そういうことがなくなり
また
黒砂糖たっぷりの生姜紅茶のおかげで
「お茶のお供に」という口実の、スイーツやお菓子に手がでなくなりました

そこで分かったことは
私、毎日どんだけ食べてたんだということ

胃袋は大きくない(と思う)ので
一度に大盛りご飯!みたいなドカ食いが出来ないせいで
家族からは、小食な方だと思われがちなのですが
少しずつをダラダラ、長時間、コツコツ食べてれば
そりゃ修復にまわす血液も無いというもの!

「そんなに食べてないのに、痩せないわ〜」とか
どのクチが言ってたのか!この
痩せない痩せない詐欺め!!

そういえば
「そんなに食べてないのに」の比較対象が・・・
ギャル曽根ちゃんでした
痩せるか!


食生活を見直したら
痩せた!
朝ご飯を食べず
お昼とお夕飯を腹八分目にしただけで
ほんのちょっぴりだけど!
この台湾旅行で培って以降、ずっと居座り続けたルーローちゃんが
ついに
消えたーーーー!!

でも、UCは進行すると痩せてしまうらしいので
あまりダイエットはしないで、体力と免疫力はつけていこうと思っています
posted by オリド マキ at 16:22| 潰瘍性大腸炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

漢方スタート

病院で処方された薬を飲んでわりとすぐに
出血が止まり、ほどなくして、他の症状もおさまりました。

潰瘍性大腸炎のパンフレットに
「症状が出ていないからと言って安心しないで、薬はきちんと飲み続けましょう」
と書いてありますし
症状が出ていなくても薬を飲み続けている方のブログをたくさん読みました

しかし、症状が出ていない時にも薬を飲み続けると
再発したら、さらに強い薬を飲む→また再発→もっと強い薬→重症化
というケースを見て、それだけは避けたいと思うのと
私が検査を受けた病院では
患者の意思を尊重してくれるので、今は薬をもらっていません

その代わり
自分で出来ることは何でもやろうと調べて辿り着いたのが
お茶の水にある、漢方専門クリニック

特に、潰瘍性大腸炎(UC)に関して治療に効果が出た症例をいくつも持っているらしく
HPには、UC相談窓口が専門に設けられています

西洋医学の薬に頼るより
漢方で免疫力を底上げしたい!
というわけで早速電話し、一週間後に
行ってきました

予約制なので、クリニックにはほとんど人がおらず、待ち時間もなくてスムーズ
初診の場合は、2枚にもなる問診票に
自分の身体のアンケートに事細かく答えます

そして診察室に入って
検査を受けた病院でもらった、大腸内視鏡の画像
血液検査の結果
病理組織検査報告書
細菌検査報告書にお薬手帳を渡して診察スタート

先ずは体温
額、首筋、鎖骨、腕、指(何カ所も)
お腹、足首、スネ、足の指をそれぞれ測り細かに記録してから
腹診と舌診
そこから血液検査報告書と照らし合わせて言われたことは
「冷えがすごいし、腎臓弱いね〜」

確かにむくみやすく疲れやすいけれど
そうか。腎臓だったとは!

水分をちゃんと排出して、体内の水分(圧とか言ってました)を保たないと
どんなに外側から温めても、身体は冷えるそうです
さらには、余分な水分や毒素を排出しないとUCの症状も良くならないのは
素人にも分かります
毒を溜めて良いことなし!

しかし漢方の世界だったら
身体温めて、身体に良いもの食べて
アルコールは禁止なのかと思いました

問診票にも、お酒をどのくらいの頻度で、どの程度飲むか
飲むとどういう状態になるかの質問があり
そこに
「お酒を飲むと、すぐ顔が赤くなる」と書いたところ
お医者さん(仙人さまの様なご老人)から
「お酒きらい?」と聞かれると
漢方1.jpg

漢方2.jpg

漢方3.jpg
ビールOK出ました〜!

とにかく治療はUCの症状を出なくする為に、小腸・大腸の働きを良くし
水分の排出を促して
冷えを取るという
漢方.jpg

桂枝湯(ケイシトウ)に決定
(UCの治療だけだと違う漢方がヒットしますので、あくまで私の場合です)
「これで身体全体を元気にしちゃいましょうね」という先生の言葉も頼もしく
「UCは一回発症しても、ずっと症状が出ないまま何年も過ごされている人もいるし
漢方だって、ずっと飲み続けなければいけないものではないんですよ」
あたたかい励ましに涙

さらには
今は薬を処方されていないことを話した時に
「(検査を受けた病院は)とても良い病院ですね〜」と褒めてくれました!
先生は、病院を褒めたのですが
病院嫌いゆえに、目を血走らせて検索しまくった
私の判断に間違いは無かったことをも褒めてもらえた気がしてとても嬉しい!

もちろん症状によってだったり
治療方針によっては
薬を飲み続けることの方が良い方もいらっしゃいますので
一概には言えません
最近はホリスティックの分野もたくさん治療を選べる時代になりましたので
自分や家族、周りの大事な友人が病気になった時
どれが一番ベストな治療法なのかというのは
人の価値観の分だけあります

西洋医学が悪いとも
東洋医学だけでは足りないとも
勉強すればするほど答えは出ません

どちらにしても、自分やその病気になった人ご本人が
この先生に、病院に、お任せしよう
この治療法なら信じて挑戦してみよう
そう心から思えることが大事なのだと思います

例えそれによって
(UCの場合は悪化すると)大腸全摘出や、大腸がんになっても
私は今、自分で薬を飲まずに自力でやれるとこまでやるということに
後悔しないことだけはハッキリしています

漢方と一緒に渡された「食品の選び方」に
食事.jpg
と書いてあっても
あくまで体調を見ながらの少量なら大丈夫という先生の言葉を
再検査の来年4月まで
信じてついていきたいと思います!
posted by オリド マキ at 19:39| 潰瘍性大腸炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月05日

大人の階段、2段飛ばしで

あがってしまいました

20歳を過ぎて社会に出てから
一度も健康診断を受けたことがなく
20歳過ぎるまで、錠剤・粉薬を飲めないという、病院アレルギーの私が

健康診断や胃カメラをすっ飛ばし
いきなりの大腸内視鏡検査!

色んな人のブログを読みあさり
病院選びから、未知の世界の内視鏡検査を調べまくり
「検査より、前日処置が地獄
「腸洗浄剤が飲めずに吐いた
「副作用で頭痛がひどい」
「検査の帰り道倒れた
身も毛もよだつ経験者の言葉に震えまくったので
万全の対策を講じて迎えた前日処置は

腸楽勝!・・・いえ、超楽勝!
1.8リットルの超洗浄剤を飲むのは決して楽しいことではないですが
副作用も出ることなく
薬が飲めずに身内をいつも呆れさせて来た私がやりとげたことは
自分で自分をベタ褒めしてあげたいくらいの大快挙!

慢性的に暴飲暴食を続けてきても平気だったし
だいたい内視鏡検査受けた人のブログの結末も
「異常なし!やった〜」的なものが多かったから
私もそういう「ひと秋の大人の経験」的な話でオワルーの筈でした

検査した日も
「もしかして・・・の可能性があるから病理組織検査に回しました」と言われても
友人に話して「大ジョーブ!」と笑い飛ばして
もし、病気だったとしても絶対治せる自信みなぎらせて能天気

そして待つこと2週間

検査結果聞きに行く日も
帰り道は、昼間からビール飲んで乾杯しようなんてほくそ笑んでたのに!

結果

潰瘍性大腸炎ですてーーーーーー!
指定難病だっつーの!
しかも原因不明ーーーーー!
完治って言う言葉はなしーーーーー!
難病って何秒(なんびょう)ーーーー?(バカ)

この病気は誤診も多いことから
半年後に再度検査をして
晴れて(?)難病確定にするというのが、私の病院の方針
近年症例数が増えている為、難病指定から外されることになるかもしれないとの動きもあります
莫大な治療費がかかるため、病気を抱えている人の為にも
確実な診断、確かな症例数に貢献(?)する為に
この半年の猶予をムダにせず、治療に専念し
半年後の検査までに、粘膜治癒を目指します!
絶対打ち勝ってやる!

ということでサンバブログに潰瘍性大腸炎が加わった新たなララヤ・ブラジルを
どうぞ宜しくお願いします

次回は「これさえやれば楽勝☆大腸内視鏡検査」をお送りします
posted by オリド マキ at 12:06| 潰瘍性大腸炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする