2010年11月03日

リオへの道〜最終回〜

では


行ってきます!!!

posted by オリド マキ at 09:45| ブラジルへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

リオへの道〜最終チェックde肝冷やされる〜

11月に入りました
あと2日で出発です

荷物をスーツケースに入れたり
リオガイドファイルを何度もチェックしたり
ライヴ情報を仕入れては
場所を地図で確認し、プリントを繰り返し
絶対に、4泊では回りきれない超過密スケジュールを
何度も何度も練り直しては

同じサンバチームのリオ経験者のお餞別の言葉
わざとパスポートをなくさないように』
の悪魔のささやきが頭をよぎったり

ポル語の単語帳を作ったり
(激ウマ(らしい)ピザ屋で使う「半分半分で!」
(↑2種類を1枚ずつだと多過ぎるので)とか)

帰国してすぐ迎える、従兄弟の結婚式に頼まれた
ウエルカムボードを作成したり

新しいイラストの仕事の打ち合わせで銀座に行き
多分、出発直前まで仕事に追われると思われる作業をしていたり

とにかくどれも完成していないので
気持ちが!落・ち・着・き・ま・せ・ん!

とにかくドタバタなここ最近だったので
疲れがたまっているのか
体調思わしくないので、ここらでいっちょ
アサイー注入と
旅の最終チェックに

まいどご贔屓の西荻窪Aparecidaに行ってきました
(さっさと帰って仕事しろって話なんですが)

AparecidaのオーナーであるWillieさんは
何度もこのブログで紹介しておりますが
今回の私のブラジル行きでも
お店で、メールで、力強いサポートをしてくれました

4泊8日の弾丸ツアーのスケジュールを一緒に考えてくれたり
私が知らないバッグのブランドや
サンビスタゆかりのアパートを
google mapで見せてくれたり

実際行かねば分からない道順を
こと細かに説明してくれて
疑似リオ・セントロツアーをしてくれました

「あー、これで安心!バッチリです!」
と、思ったところで

私が降り立つリオの空港の近くで
私が愛して止まないイヴァン・リンスが先月車を盗まれたニュースを見せてくれたり

さらに、イパネマ海岸で日曜日に
ファベーラから降りて来る少年の50人位の団体が
観光客を襲うという
唇ガッサガサになる位、恐ろしげな映像に

浮かれてた、肝をキンキンに冷やされました
優しくサポートしてくれると思ったら
とんだ奈落の底の突き落とし方!
(と、いうのは冗談で)

こんな営業妨害客の
何も知らない私にイチから教えてくれ
貴重なアドバイスだけでなく
リオで活躍されていらっしゃるミュージシャンMacoさん(美人!!)
を紹介して下さり
リオで、Macoさんのライヴに行く約束も出来ました

私にとって、リオへの旅は
まだ成田にすら着いてませんが

人の情けが沁みる旅

になりそうです

では、最後に
【本日のWillieさんの助言】
1・タクシーに乗っても窓は絶対開けるな
1・タクシーに乗ったら、カバンは足元に隠せ
1・生ジュースは
「アバカシ(パイナップル)×オルテラ(ミント)コン アスーカル(あえての砂糖入り)」が美味しい


なんだかとりとめのない文章ですが
心の落ち着きの無さ加減ってことで
お許し下さい

そろそろ仕事に戻るとします・・・
posted by オリド マキ at 23:54| ブラジルへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月31日

リオへの道〜TASロック〜

今回のリオへは、ニューヨーク経由で行きます

アメリカを経由する上で
必要なのが、ESTAとTASロック

私のスーツケースは、はるーか昔(恐らく10年以上前)に購入した
車輪が2個しかついてなく
曲がったり、カーブしたりの反応が悪い上
今流行のキャリーケースにもある
手で引っ張るオプションすらついていない、旧タイプ
ゆえにもちろんTASロックはついておりません

TASロックとは
(以下、地球の歩き方サイトより抜粋)
アメリカ同時多発テロ後、爆破物および危険物検査のためにアメリカ国内すべての空港で、アメリカへの出入国とアメリカ国内のフライトに際して、厳重なセキュリティチェックが行われています。
特に空港で預けてしまう荷物に関しては、持ち主が立ち会えない場所でTSAの職員によってバッグやスーツケースを開けての念入りな検査が密かに行われているのです。
そのため、この時にカギがかかっている荷物はすべてロックを切断、もしくは破壊して検査されます。こうした切断・破壊行為が原因による内容物の破壊や紛失に関しては、TSAは一切責任を負わなくてもよいという国の取り決めになっているようです。
ですから、アメリカ国内を出発する飛行機をご利用の際、航空会社へ荷物を預けるタイミングで「カギは絶対にかけないでください!」と言われるのです。これは日本人渡航者の多いハワイ・グアムなどでも同様です


TASロック経験者口コミなどを調べたところ
『スーツケースが無惨な姿になって出て来た』とか
そんな恐ろしげな事が書かれておりました

行きは、ろくな荷物しか入っていないとはいえ
スーツケースの鍵を壊されたら
帰りはどうしたらよかとですか?

てなわけで
こちらをお買い上げ

TASロック.jpg


こちらをつけて、スーツケースは施錠せずに預ければ
スーツケースをチェックされた後に
ちゃんとロックして返してくれるらしいのです(本当かなあ〜?)

しかも、赤いポチっとしたところが
TASにチェックされれば緑色に変わるという
『チェックされたんだかされてないんだか分からない』
っていう気持ち悪さはありません

これで、乗り継ぎのアメリカも心配ご無用!

さあ、スーツケースに荷物を詰め込むと致しましょう
posted by オリド マキ at 14:17| ブラジルへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

リオへの道〜オリ図書4〜

ブラジルに行くにあたり
ガイドブックなどの本をいくつか買いました
これから
「ブラジルに行くぞ!「地球の歩き方」以外に参考になる本はないかな?」
という方にお役に立てればと思い
私のオススメブラジル本をご紹介
題して「ブラジル・オリ図書」(語呂悪し)

第四弾は

かわいい雑貨表紙.gif

『ブラジルのかわいいデザインたち』植嶋秀文・井岡美保著(ピエ・ブックス)

この本に出会うまで
ブラジルでまさかおしゃれで可愛い雑貨に出会えるとは
夢にも思っていなかった私(失礼)
ところが

かわいい雑貨中身2.gif

ごらんください!この可愛い雑貨を
(画像悪くて分かりにくいと思いますので
ぜひ書店でお手に取ってご覧下さい)


かわいい雑貨中身1.gif

切手もとてもおしゃれ〜
ディック・ブルーナのような
シンプルで洗練された、かわいいデザイン!

ページをめくる度に

あれも欲しい!これも買いたい!
ああ!これも外せない!外せやしない!


貧乏イラストレーターゆえ
出発直前のイラスト仕事のギャラも
デザイナーさんが気を利かせてくれて
出発前に振り込んでくれるという位(前借りにも似た?)
それでも予算足りず
ギリギリどころか、買い物はほぼクレジッカードで(つまりマイナス)行く
リオの旅

それなのに!ああ!それなのに!
なんと誘惑の多い旅であることか!

リオへの準備は、悶絶の連続であります
posted by オリド マキ at 13:24| ブラジルへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

リオへの道〜オリ図書3〜

ブラジルに行くにあたり
ガイドブックなどの本をいくつか買いました
これから
「ブラジルに行くぞ!「地球の歩き方」以外に参考になる本はないかな?」
という方にお役に立てればと思い
私のオススメブラジル本をご紹介
題して「ブラジル・オリ図書」(語呂悪し)

第三弾は
泣く子はさらに泣く!ことうけあいの

IMG_2697.gif

『南米ブラックロード』嵐よういち著(彩図社)

この本は、ブラジルから始まり
アルゼンチン・ベネズエラ・コロンビアなどで
著者が遭遇した危険な出来事を綴ったノンフィクション旅行記

目次からして
「『シティ・オブ・ゴッド』の舞台を行く」
「ファベイラの中心に降り立つ」

はまだ序の口
「張りつめた空気」
「戦場に突入」
「絶対に殺すからな」
「バスジャック」
「警察vsマフィアの殺し合い」
「顔を見たら殺される」

ひえええ〜

「こんな国なら、行くのやめよう」
と思う人はいても
「こんな国なら、行ってみたい!」
と思う人はいないでしょう

しかしこの本は
旅に慣れている&言葉に不自由しない
あえて危険地帯に行っても
ある程度の危険を回避出来る経験と知識を持っている&男性著者だからこそ出来るであろう旅

旅なれないビギナーだったら絶対に避けるエリアなので
「こういう危険と隣り合わせなんだ」
という心得は学びつつ
自分を守る旅が出来るはず

サルバドールのカルナバルの章は
「わーいカルナバルだ!お祭りだ!」
と浮かれて行く人には、冷や水浴びせられつつ
「こんな危険なんだ」と気を引き締めるにはもってこい

文章も面白いので
ドキドキしつつ、ヒヤヒヤしながら
ぐんぐん読み進められます

いきなり真冬の寒さになったこの頃
さらに震え上がる1冊はいかがですか?



posted by オリド マキ at 08:27| ブラジルへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

リオへの道〜オリ図書2〜

ブラジルに行くにあたり
ガイドブックなどの本をいくつか買いました
これから
「ブラジルに行くぞ!「地球の歩き方」以外に参考になる本はないかな?」
という方にお役に立てればと思い
私のオススメブラジル本をご紹介
題して「ブラジル・オリ図書」(語呂悪し)

第二弾は
まだ、ブラジルへ行くのが非現実的だった頃
友人Y君が
『いつかブラジルへ行くなら、これを読むべし!』
とオススメしてくれた


ブラジャパン表紙.gif

『Brasil×Japan』鈴木美也子著(書肆侃侃房)

ボヘミアン・フォトグラファーである鈴木さんの写真は
ガイドブックを越えた美しさ
(お手に取って見て頂きたいので、あえて美しい写真のページは載せません)

お店情報とか、地図や解説が無くても
写真集として、充分見応え有りの一冊

ブラジャパン移民ページ.gif

写真に写る人々の体温が伝わる様な
湿度を感じる写真達

そして、嬉しいことに
この本は、リオのカルナバルについてもとても詳しく解説されており
初めてカルナバルを観る為に
リオに行かれる方にとってはとても役立つ事間違いなし!

特に、2008年のカルナバルについてこと細かに触れているので
(移民100周年記念をテーマにしたエスコーラがあったから)
「日本」をカルナバルで表現すると
こんな感じになるのか〜!と
とても面白いです

さらに

ブラジルに移民された日本人の方々の
インタビューに添えられた写真は見入ってしまいます

手や顔のシワ、柔らかな、厳しい表情
語り尽くせない、どれだけのご苦労があったことか
そして、なんと美しいことか!

読み終わる頃には
「面白かった」「写真が素晴らしかった」よりも

「ブラジルという大地があって
移民された日本人の方々がいて
たくさんの歴史の上に
私が今、日本でサンバに出会えたんだ」

ちっぽけな私が、大きな歴史の流れの恩恵を受けている
感謝の気持ちでいっぱいになります

先日、友達と待ち合わせをしている恵比寿に向う途中
電車の中でこの本を読みつつ
エンヘード(カルナバルで演奏する曲)を聴いていたら
「もう少しで、この空気に触れられるんだ」
と思ったら、泣けて泣けて
大崎で途中下車してしまいました

ブラジルの、人々のパワーを感じられる1冊

これからブラジルに行かれる人はもちろん
ブラジルに行く予定が無い方も、ぜひどうぞ!!
posted by オリド マキ at 09:11| ブラジルへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

リオへの道〜ちづちゃんの地図〜

リオへ行く!と決めた大きなきっかけになったのは
我がサンバチームの中心人物・ちづちゃんのおかげです
(ちづちゃんをご存知無い方は、先ずこちらからどうぞ)

ちづちゃんは5回もリオに通う程のブラジル好きにして
サンバ・ショーロバカ(褒め言葉)
彼女のリオ日記(mixi)は文章が素晴らしく上手なので
読み進めるうちに
「いつか行きたいな〜」から
「行かずにいられない!!」となって今に至ります

先日の日記にもあるように
ちづちゃんは、私がリオに行くと言ってから
ESTAやビザを取る事から、あらゆる情報を惜しみなく教えてくれます

引っ込み思案な私に
「私だって、ガツガツ自分から教えて〜って言って色んな人から教えてもらったんだよ。
オリもただ待ってるだけじゃダメだよ!
イラストの世界もそうでしょ?」

ブラジルを通して私の弱点をズバリ言ってくれるのです
ブラジルの情報だけじゃなくて
これからの私に必要な大きな事も気づかせてくれる
素敵な女性です(しかも面白いし)

そんなちづちゃんが貸してくれた本がこちら

ちづ本表紙.gif


ちづ本中身1.gif


ちづ本中身2.gif

全面是英語・ポル語のみ

涙で曇って.gif

でも、辞書を引き引きながら、ネットで検索したり、地図を調べたり

リオに持って行くためにプリントしたちづちゃんのmixi日記に書かれている
私も行きたいと思っていたお店情報がたくさん
行ったお店、まだ行ってないお店、これから行きたい場所に
たくさんの付箋紙がついています
本を見ているだけで、ちづちゃんと一緒に旅行している気分

本をめくる度に、ちづちゃんの地図を歩いています
posted by オリド マキ at 00:20| ブラジルへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

リオへの道〜スピリチュアル★ブラジル〜

オリちゃん!ブラジル行ったら、大地のパワーがすごいわよ!
ブラジルの大地全体がパワースポットなの!

と話すのは、大学時代ブラジルに留学して、ブラジルに魅了されたFさん

ブラジルの大地と人のパワーはすごいよ!
朝、生ジュース屋さんで「ボンジーヤ★」って挨拶してくれるおじさんの笑顔に
ものすごい元気をもらえるの!!

と熱く語るのは、4歳〜8歳までブラジルに住んでいたけれど
スピリチュアル話には冷静な、おKさん

ブラジルに行くと決まってから、10年(か13年位)
ぶりにお二人に会いました
10年前の私は、まだサンバとは本格的に出会っていなく
学生だったし
ブラジルへ行くというのは、あまりに非現実過ぎて
こんな身近にブラジル経験者がいながら、全くブラジルが話題に出る事はありませんでした

さらにFさんは
「ブラジルに行って、ホテルに着いて、バタンキュー★って寝ると
翌朝、寝ている身体のお腹の中にある、固い殻の様なものがサラサラと流れていく感覚がするの。あーーー、キタキターーー!って感じ!」とまで

もともとFさんは、スピリチュアル体質で
ご自身もブラジルにはご縁がある事を身を持って体験されているので納得なのですが
凡人や!(ボンジーヤにかけてみた)の私は
そういう話を聞くと、羨ましくて仕方ありません!

こんなにサンバ好きなんだから、何かしらブラジルとスピリチュアルな関係で繋がっていたい
『私がブラジルに惹かれる理由はこれだったんだ』っていう
目に見えない何か。超憧れです!(凡人や!思考)

しかし、残念な事に

スピリチュアルと言えば、今年の初め
不思議なご縁が重なって、ヒーラーのricoさんという人に出会い
コアコンタクトというセッションを受ける機会に恵まれました

コアコンタクトというのは、自分の芯にある問題を紐解いたり
自分でも気づかない殻や、トラウマ、思い込み、不安、思い癖や
時には原因不明の体調不良などの原因にフォーカスして
それを解き放ち、心を自由に解放するというものです
(ものすごいざっくり説明)

基本は、ricoさんの手に自分の手を重ねるだけなのですが
その手から伝わってくるイメージなどで
誰にも言ってないことや、自分の根っこに深く残っている傷など
ズバリ★言い当ててしまうのです

先ず、私の手を通してricoさんが見たものは
『ウクレレみたいな小さいギターみたいなので、高い音が聴こえる』と

それって!ずばりカバキーニョではありませんか!

しかも、私はエンヘード(カーニバルで唄う曲)の
サビの部分の高いカバッコの音を聴くと
どんなに明るいメロディー、楽しげな早いリズムであっても
胸がぎゅうううううーーー!!て締め付けられるんですーーーー!!
と力説し、サンバをやっている事、いつかはイラストでサンバやブラジルの素晴らしさを表現したいんです!と言うと
「そんなに好きなら、ブラジルと何かご縁があるのかもね。みてみよう」と

ところが

ricoさん1.jpg


ricoさん1.jpg


ricoさん2.jpg


こんな残念な結果に

しかし、それ以外の事は、ミラクルな程大当たりの大衝撃セッションでした

話を戻しまして

「ブラジルに行きます」宣言をして
先ず皆さんが口を揃えて言うのは
『ブラジルには誰か知り合いはいないの?』のひと言
もちろん
FさんおKさんも同じ様におっしゃました

全くのリオ初心者&言葉出来ない二人旅
(しかも夜中は危険地帯でサンバ鑑賞)だと言うと
「勇気あるね・・・」とビックリされることもありますが
勇気なんかこれぽちもありません!
あるのは、あふれんばかりの不安だけですーーー!!

すると後日、おKさんから
『リオにいる、ジミーさんを紹介するから、良かったらメールしてみてね』
とメールが!

おKさん曰く、おKさんをはじめ、ポル語教室に通っている人がリオに行った時に必ずお世話になる、とてく気さくな日本人のおじさまなのだとか

おそるおそるメールを送ると
すぐにお返事が来て、ご飯を一緒に食べましょう!と
さらにはショーロのフルート奏者でリオと日本を行ったり来たりされている
熊本尚美さんもご一緒にとのこと!
見ず知らずの、しかも人づてに紹介された、どこのウマの骨とも分からない
こげな私に、なんたる親切&気さくさなのでしょう!
それは、おKさんの人徳に他なりません

メールの最後は
「リオで何かご不便なことがあったら、いつでもご相談ください」
なんて!
心細くて、不安だった私の心にぽーっと明るい光が

10年ぶりに会って
こんな出会いをサラッとセッティングーしてくれる
おKさん・・・かっこ良過ぎます!

成田を立つ時から始まると思っていた、ブラジルへの旅は
10年前の出会いから、始まっていたようです

一方Fさんは・・・

藤村さん.jpg
posted by オリド マキ at 08:40| ブラジルへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

リオへの道〜セキュリティーグッズ〜

リオへ行ったなら、極力バッグは持たない方がいい
ポケットに最小限のお金を分散させて入れ
襲われたらそのポケットの1つの中からお金を出せば良い

下着にポケットを縫い付けたり
靴下や靴の中にもいくらかお金を入れるのが良いのだとか

地球の歩き方サイトのグッズでは、小銭が入れられるリストバンド等も売っているけれど、出来れば帰国してからも普段使い出来るものがいい

と、言うわけでこちらを買ってみました

防犯対策服.gif

ユニクロのパンツと無印の腹巻き!
(左の短いパンツは10年位部屋着に愛用)
こういうパンツが今流行ってくれてよかった
腹巻きはポケット付きなので、そこにお金を入れられます
(本来は多分ホッカイロなんでしょうね)

どう抗っても、私は

平たい顔族.gif

一見で日本人と分るでしょう

日本人は、ただ日本人ってだけでお金持ちに見えるそうなのです
(確定申告は毎年赤字申告ですけど!)
小さい&(日本じゃ太めでも)ブラジルでは細身
きっと私を襲うなど、赤子の手をひねるようなもの
出来うる限りの防犯対策をして、それでもダメだったら
あとは神様に委ねるしかありません
大人の男性でも、銃を突きつけられたり、身ぐるみ剥がされたとかそういう話を聞くのです
男性でもそうなら、私もそんな目にあってもおかしくないのです

「サンバの神様が守ってくれる」
なんてキレイ事言ってたら
ブラジル人に、ヘソで茶を沸かされてしまいます

自分の身は自分で守る!襲われたら潔く諦める!

ポケット、あまり使わなかったな〜と思う帰り道でありますように!
posted by オリド マキ at 09:25| ブラジルへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

リオへの道〜オリ図書〜

ブラジルに行くにあたり
ガイドブックなどの本をいくつか買いました
これから「ブラジルに行くぞ!「地球の歩き方」以外に参考になる本はないかな?」という方にお役に立てればと思い
私のオススメブラジル本をご紹介
題して「ブラジル・オリ図書」(語呂悪し)


まず第一弾は
このブログに何度も出ております
西荻窪AparecidaのWillie Whopperさんの
『リアル・ブラジル音楽』(ヤマハミュージックメディア)
です


リアルブラジル表紙.gif


この本は、ブラジルの音楽のすみからすみまでを

リアルブラジル中身.gif

美しい写真とともに、詳〜〜しく解説しているのですが

「え〜?私、ボサノバしか興味無いし」とかいうそこのアナタ!
サンバやショーロ、ボサノバの歴史を
ブラジルの歴史とともに紐解けば、ボサノバへの理解がグッと深まります
ボサノバに限らず、MPB、マンギ・ビート、セルタネージョなどなど
ブラジルにこんな沢山の音楽のジャンルがあるんだ
この1冊で、音楽の世界でも、ブラジルがどんだけ広いかが分かるはず
それを知らずに頑なに「ボサノバ命」と言うのは、あまりにもったいない話

その上、ブラジルに行く為に必要な旅の情報や
ライブハウスでのふるまい方
重要なポイント満載
さらには、
短期だったらこんなコース
長期だったらこんなコースと
実際Willieさんも年1回お店主催のブラジルツアーをされているだけあって
初心者にも分かりやすいシュミレーションがあったり
ブラジルのシステムを何も知らない私には、目からウロコ
「知って良かった!」と思うばかり

何よりこの本の一番の魅力は
『この本で、ブラジルの音楽に興味を持って、実際行ってみて
ブラジルの空気と一緒に音楽に触れて感じて欲しい!!』
っていう、Willieさんのお気持ちがヒッシヒシと伝わって来るのです

しかも、初めてブラジルに行く人が、少しでも満喫出来る様に
日本で準備出来る情報もふんだんに書かれています
私は、この本のおかげでブラジルのインターネットラジオを片っ端から聞き比べて
一番自分の音楽ジャンルに合ったチャンネルを
朝からつけっぱなしにしています

ポル語会話教材についているCDは、ゆっくり喋ってくれるので
それはそれは聞き取りやすいのですが
現実は、とんでもなーーーーい!
テンション高めの早口がまくしたて
「ボンジーヤ」と「オブリガーダ」と「ボタフォゴ」しか
聞き取れません!
戦場カメラマン・渡部陽一さんくらい、ゆっくり喋ってほしい〜!

ですが、ブラジルの人はこんな早口なんだと分かるだけでもうけもの
現地の雰囲気を予習できますし
Willieさんの言う通り、今、現地で流行っている音楽を知ることも出来ます
たまに知っているサンバが流れると、テンションすんごく上がりますし!

あとがきは「これからもブラジル音楽、そしてブラジルを盛り上げていきましょう!」と締めくくられていますが
私が「千葉県最高!ピーナツ世界一!」と唄うのと違い
ブラジル生まれ、ブラジル育ちでもない彼が
ここまでブラジルに愛情を持って
そして、ブラジルの人、日本人でこれからブラジルに行く人の役に立ちたい!という一心で書かれた渾身の一冊

ブラジルに行かれる前にぜひどうぞ!
posted by オリド マキ at 00:40| ブラジルへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

リオ質問&たこ焼き大会 2010/10/17


うちへおいでよ!ちづちゃん.jpg

この一言がきっかけで
リオ5回のベテラン、ちづちゃんのお家におよばれして
「リオの質問&行った事ある人達の思いで話を聞こう会」が
新妻ちづちゃんの、平井の超おセレブマンションにて開かれました
(今回は、方々で大人気の「しま美」多めでお送りします
しま美をまだご存知無い方は、こちらをクリック)
広くて新築マンションのキレイさ
清潔でオシャレなインテリアの数々にの中に

マニアなインデックス.gif

こんなマニアなCD分類を発見したり

ピーポ君.gif

こんなレアグッズがあったり
ちづちゃんのオシャレとサンバとお笑いのセンスが凝縮されたお城に
バシャバシャ★写真を撮りまくり
そうこうしているうちに

ちづちゃんのサラダ.gif

庶民の味ねしまちゃん.jpg

しま美の差し入れ激ウマ鴨ロースや
しまちゃんのローストビーフ.gif

美味しい食事の数々が出て来て
関西出身ちづちゃん渾身の

ちづちゃんのたこやき.gif

たこ焼きはアツアツのトロットロ!

ちづちゃんv蹲子.gif

餃子は皮を前日から仕込む気合いの入れよう
餃子の皮のばしから具を詰めるまでは皆でワイワイ言いながら
オーストラリアや、くもじいみたいな形になっても
手作りの皮は柔らかくって、具を詰めても破れたりしません
本当に「耳たぶ」の柔らかさにキャッキャ言いながら楽しく作業して
いっただきまーす!
うううううまああああああいいいいー!!
皮の美味しさ!
あまり混ぜ過ぎないひき肉のゴロっとした男前の主張!
ニンニク入りラー油と、フレッシュなかぼすを絞って頂くと
アツアツ!ジュワー!!

お腹が膨れたその後は

たけっちのd躊別.jpg

去年、初のブラジルにして、帰りの乗り換えのアトランタで
飛行機が飛ばなくなり、案内も不十分で不親切な空港の態度と
長い長い拘束時間を絶え抜いた
(結局アトランタに1泊!)たけっちの経験を活かした

すうどく.gif

時間潰しにピッタリお餞別をもらい
ちづちゃん&しま美&たけっちが行ったリオの画像を解説付きで見せてもらいながら
めぐちゃん&ちづちゃんの二人旅思い出話を聞きました

世界遺産を撮るめぐちゃん.jpg


旅行時の服装や、季節や時間帯によって違う風景(キリスト像の空とか)や
お土産店の質の違い(お土産キリスト像のお顔の造りの違いとか)など
しま美の以外な「キリスト像お土産おマニア度」を発見したり

キリストマニアしまちゃん.jpg

ガイドブックでは決して教えてくれないあれこれや
途中、ガールズトークになった時に
突然しま美がカシャッサ(アルコール度数約40度?)をドボドボグラスに注ぎつつ

千葉ちゃん好きしまちゃん.jpg

こんな言葉に大爆笑したり(「エースをねらえ!」の前フリ無し)

カイピリーニャの好みの違いや
恐怖の「マニソバ」(Manicoba(cは下にニョロニョロ有?)の話などなど
やっぱり現地で、自分が体験しないことには分からないことばかり

ちづちゃんが、今日の日を作ってくれた様に
私がリオから帰ってきてからも
誰か、身近な人が初めてリオに行く不安でいっぱいの時に
こんな風に楽しい席を作ってあげられたらなあ・・・

ちづちゃん・しま美・たけっち・めぐちゃん
本当にありがとう!
posted by オリド マキ at 07:34| ブラジルへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

リオへの道〜飛行機でのお肌ケア〜

リオへは、飛行機で26時間
(家から+乗り換え待ち時間含めるとさらに)

26時間の間、肌は機内の乾燥、過酷な条件にさらされます
特に私は、皮膚が薄いニキビ持ちのセンシティブな汚肌(おはだ)
この26時間を一切のお手入れ無しでリオに降り立つのは相当のダメージと思われます

先日会ったFさん(大学時代ブラジル留学経験有り)に
『おりちゃん、ご主人と一緒じゃなかったら、絶対リオで恋に堕ちるわよ!!』
と言われたので、それならば、お肌も恋に万全体勢でいなくては!

なんて、冗談はさておいて

そんな機内の乾燥対策に、参考になるのがこちら!

gogo美人機内編.gif

イラストレーター柿崎こうこちゃん
「GO GO!美人道DX」の「機内パーフェクトケア」のページ
こうこちゃんは、年に1〜2回は海外に行く程の旅好き。飛行機ベテラン
美人道とうたっているだけあって、本人の美人度はもちろんなのですが
その姿勢には、たゆまぬ努力とケアあってのたまもの

彼女が体当たりして、試行錯誤したオススメのダイエットや
メンタル面での美しい女性のあり方、スキンケアにコスメの数々
それを惜しみなくイラストと文章で紹介している読み応えたっぷりの
「GOGO!美人道」シリーズなのですが
この秋、さらにパワーアップした

gogoEX.gif

「GOGO!美人道EX」が発売になりました!パチパチ〜

1作目の「GOGO!美人道」から
年を重ねるごとに変わってゆくコスメや
習い事、ダイエットや服装の変化を見るのも面白いですし
クスリと笑ってしまう、テンポ良い絶妙な文章と
「美」に対しては1作目から芯の部分は変わらない、断固としたスタイル
これこそ、女が目指したい「美人道」

と、いうわけで
今回飛行機のお手入れ対策は「GOGO!〜」を参考に

シーラボ商品.gif

クレンジングシートで拭き取り
薬用シーウォーターで洗顔もどき
アクアコラーゲンゲル美白で保湿
さらにこまめにシーウォーターで水分チャージ
出来れば、シートパックも持ち込みたい
着陸直前にBBパーフェクトクリームでメイク開始

飛行機でも「美人道」でプルプル肌
うっかり恋に堕ちちゃったりして〜?

間違っても、飛行機は落ちません様に!
posted by オリド マキ at 00:09| ブラジルへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

リオへの道〜快適な旅に欠かせないこと〜

快適な旅は、快適なお通じから!
(殿方はこの日記はスルーお願いします)

旅先で、気にかかるのは体調面
特に女性はお通じ事情、お悩みではありませんか?

私は、便秘知らずの快腸人間なので
朝のお通じがないと、お腹の張りが気になって
一日の心はお腹に持って行かれます
気が気ではありません

旅先ではもちろん
さらにはブラジルでの食生活は
今のところ「肉祭り!」メニューが目白押し
ピッカーニャ、ガレット、ガレット、フェイジョアーダ、ガレット、コッシーニャ
野菜の入る余地がありません(ブロッコリーライスくらい?)
しかも、一人前の量がハンパないらしく
ピザは座布団大の大きさらしいのです(大歓迎!)

加えて、食べること大好きなのですから
次にリオの地を踏むまでに、冬眠前のリスよろしく
食べ貯めするに決まってます!
例え、毎日生ジュースを飲んだとて
日本の生活の何倍も肉を食べ
日本の何分の1ほどしか野菜を食べなければ
お通じもストップすることは確実です

1日1日を満喫するには、体調万全、これ必須!
と言う訳で、旅のお助けグッズをお取り寄せ
その名も
♪たらららったら〜♪(ドラえもん風に)

ダイエットプーアルティ.gif

ダイエットプーアールティーカプセル〜!
これは、去年沖縄に行った時に
沖縄と言ったら豚肉三昧!ゆえに、体重増加の予防策に初めて試したものですが
旅の間の快腸具合が、家にいる時以上の爽やかさ&スムーズさ!
本当にビックリ〜します!(個人差あると思いますが)
しかもこれは、カプセルから中身を出してお水に溶かせば
プーアール茶になるという、純度100%のプーアール茶を
ただカプセルに閉じ込めただけというもの
厳しい体重管理が必要とされるF1レーサーが愛飲していたり
妊婦さんも飲めるといった安心商品
暴飲暴食の限りを尽くした沖縄での体重増加が、最小限に抑えられたのは
これのおかげにほかなりません

しかし、今回のリオは
体重増加云々は全く気にしません
だって、多分5kgは軽く太るだろうと思うほど
行くお店、食べるメニューは全てハイカロリー!
それをいちいち気にしていたら、楽しめません
♪いっぱい食べる君が好き〜♪って、CMでも唄ってるし!
(しかし、ダイエットサプリのCMだった!)
このアイテムは、あくまでお通じ対策
食べたいだけ、食べれるだけ、食べて来ます!

プーアールティーカプセルをバックに
さあ!来い!肉ライフ!
posted by オリド マキ at 00:29| ブラジルへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

リオへの道〜英語までもが〜

風邪をひきました。喉が猛烈に痛いです

ブラジルへ行くまでは、何をおいても体調管理を最優先に!と
サンバの練習と、来年の浅草サンバカーニバルのテーマ会議をお休みして

今日はお家で、1日パソコンdeリオツアーに決定

行きたいと思っている場所のサイトは当然ポルトガル語
この果てしない壁を見るのはもう慣れました

しかしそこに

サンバの街1.gif

イングリッシュに変換できるとな!
ポチッとな!

サンバの街オチ.gif

ぎゃふーん!

very soonっていつーーー????

posted by オリド マキ at 00:25| ブラジルへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

リオへの道〜ESTA取得〜


ESTA.gif
今回リオへは、ニューヨーク乗り継ぎで行くため
ESTAを取得せねばなりません

ESTAとは、アメリカへの電子渡航認証と言って
アメリカに行くときに(乗り継ぎでも)必要な手続きのひとつで
パソコンで申請するものです
ビザとは違い、日本語フォーマットなので
スラスラ入力!あら?簡単!

これでビザさえ無事に出来上がれば
ブラジルに行けます!

エアチケットを申し込んだ時も
ホテルを決めた時も
どこか、まだ「夢の話」と
現実味が全然わかず
また、何度も何度も見た夢の続きみたいに
明日目が覚めたら「夢だった」ってことじゃないのかな?
と他人事みたいな感じでしたが
お役所手続きのドキドキのおかげで
やっと実感がわいてきました
posted by オリド マキ at 00:27| ブラジルへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

ブラジルへの道〜ビザ申請〜

気持ち良いお天気 お散歩日和
金木犀の香りを、過呼吸になるほど吸いまくって
行ってきました!在東京ブラジル総領事館!

ブラジル領事館.jpg

今回は、自力deビザ申請です

前日に、パソコンで申請書を作成し
必要書類を持って、自信満々の筈なのです・・・が
何も悪い事してなくても
なぜかドキドキしてしまうお役所手続き

しかも、領事館内はほぼポル語
きっと、リオに到着した時の入国審査も、こんな感じでドキドキなのでしょう

日本語でのトラの巻きサイトを見ながら作成した申請書とはいえ
何か、間違って入力していたら?
両親の姓が違う(離婚してるので)のを指摘されたら?
しかも、ポル語でまくしたてられたら!
答えられなくて強制送還とか!(まだ行っても無い)
とか、とか、気になり出したら止まらない!

といった、心配をよそに
番号呼ばれてカウンターに行ったら
あまり書類をじっくり確認されず
(お願い!もっと見て!確認して!不備あったらすぐ直すから!)
という熱視線は、軽くスルーされ
「アチラデ3000エンハラッテキテクダサイ」
と言われ
館内のブラジル銀行窓口でサクっと支払って終了〜
ただし!
不備があったら連絡来る=不備解消の手続き→ビザ発行が遅くなる
→出発に間に合わない

なんて事だけは避けたい!!

なので、ビザが無事に発行されるまでは
どこか落ち着かないのであります

気ばかり無駄に張って、空回りしましたが
手続き後はお楽しみ
領事館のビルの6階にある
KYODAI MARKETへGO!
ここは、ブラジルの雑貨、食材、お菓子などなどが豊富に揃ったマーケット
これからブラジルで散々見るものなのに
海外のスーパー大好き人間としては、血圧急上昇スポットです

リングイッサやコッシーニャ、巨大な冷凍コーンに唐辛子
見るも珍しい食材に、あれもこれも目移りしっぱなし!

しかし、今日はこれからイラストレーター仲間の平澤朋子さんの個展に行くので
冷凍物は買えない。
というか、そもそも近所の鶴見でいくらでも買えるって話なので、今回は溶けても良い(むしろ溶けて良い)

KYODAIアサイー.jpg

アサイーを2本と

KYODAIマーケットのパン.jpg

コシーニャの中身をパン生地でくるんで焼いたものをお買い上げ
(ケチャップの「B」はもちろん「BRASIL」のB!)

そして、表参道のOPAギャラリーに行って素晴らしい個展を見た帰り道
私もブラジル行った後イラストを描いて発表するなら
あんな風に・・・こんな風に・・・
と、平澤さんの刺激を受けながら、夢を膨らませ

OPAギャラリー隣の猫.jpg

ギャラリーの2件位隣の店先で寛ぐニャンコ達の可愛さに萌えまくり
すっかり元気になって家路に着いたのでした

どうか!無事にビザが発行されますように!
(結果は21日!)
posted by オリド マキ at 00:14| ブラジルへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

ブラジルへの道〜地図編〜


地図いろいろ.gif

リオに行くにあたり、一番の心配事は「治安

「地球の歩き方」を片手に
「この道で合ってるかしら?」なんてウロウロしているのは一番のカモらしいのです

初めての、ましてポル語しか通じないお国
しかも、サンバの国なのですから
浮かれまくってあまりある状態は安易に想像出来ます
おのぼりさん丸出しにならぬ方が無理というものですが
少しでも
「リオなら知ってる。道知ってる」風を装い
ただでさえ狙われやすい要素をカバーしようと

夜な夜なgoogle mapで予行練習しております

これが!

ブラジル地図ツアー.gif

googleの地図と、その場の実際の画像がとてもクリアに見られるのです!

ホテルから、コパカバーナまではこの道渡って
・・・
ホテルから、あのご飯屋さんには、この道を曲がって・・・

地図片手では、分からないリアルな風景や
見落としてしまいそうな小さいお店も
google map上なら、襲われる心配なく、グルグルウロウロし放題!
「あー!見つけた!」
と目的地にたどり着いた時の達成感と
これから、実際に行く時は、このお店はこんな外観なんだと知れる安心感

地図ボニス.gif

しかも、画像と地図をプリント出来るのですが
そこに

丸鶏チーズ小シーニャ地図.gif

自分なりにメモを入力出来るというすぐれもの!
ガイドブック丸ごと持って行かなくても
その時行くお店のプリントだけポケットに入れれば
お店の住所も、何を頼めば良いかもポル語で書き込めば
指を指してオーダー出来るはず!(多分)。
これをファイルして行けば、自分だけのガイドブックの出来上がり〜
ああ便利!!

さらには、夜、ライブを観に行くその道が、いかに危険なのかもロケハン出来るので
現地でパニックにならずに
危険気分も予行練習出来ます

観光客の装いや、カリオッカ(リオっ子)の服装も確認出来るので、現地で着る服の参考にもなります(短パン、タンクトップ率高し)

パソコン上ではありますが
毎日リオツアー開催中



posted by オリド マキ at 11:01| ブラジルへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

ブラジルへの道〜ポルトガル語翻訳編〜

しつこいですが
私はポルトガル語ができません

喋れません
読めません
書けません

リオへ行く事が決まってから
夜な夜な行きたいライヴ情報を片っ端から調べておりますが
お店情報は全てポル語
何が書いてあるか、さっぱり分かりません
ガイドブックは、辞書を片手に悪戦苦闘してみるも
2行訳すのに、果てない時間を費やします

ところがネットだと
お店のサイトを翻訳してから表示することが出来る事に気がつき
「な〜んだ!これがあったんじゃないの〜」
とクリック☆
ところが・・・
Pagode da Familia porteleseのページ

「これは、裁判所が閉じている混乱に聞こえる取得するのではなく、オープン広々とした風通しの良いです。
気分は、多くの人が子供を連れていると疎がそれらを聞かせてとてもクールだ」


Carioca da gemaのページは

「しかし、ウェイターは、最も高価なビールを持って、表示されることを数回では必要ありません。ささいなこと不必要な規則」

皆様、この日本語のいわんとしていること
分かりますか?

私は一瞬、ポル語ばかり見すぎて
日本語すら理解出来なくなってしまったのかと、己の頭を憂いました

最近は、そんな翻訳ページを見て笑いながらも苦戦の毎日

しらじらと夜が明けて.gif


しかし、今更ポル語を勉強したとして、ちゃんと文章立てて喋る事は無理だと思っていた私にこの言葉が慰めてくれます
ささいなこと不必要な規則
とにかく単語とボディランゲージと(何ならイラストでも描いて)でコミュニケーションを取ろうと思います!

果たしてリオで、ライヴを満喫出来るのでしょうか?

シマえもん.gif


posted by オリド マキ at 14:26| ブラジルへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

ブラジルへの道〜ポルトガル語編〜


ポル語本.gif

ボンジーヤ!

ブラジルはポルトガル語です

私は、英語はもちろんポルトガル語も喋れません

ブラジルへ行く事が決まる前から
「いつかはブラジルへ行くのだから勉強せねば」
と思いつつ、買っただけで満足していた本を
今になって必死にお勉強しています

しかしながら、外国語のこういったテキストは
使える文章というのが少ない

NHKラジオテキスト「くらしで使えるポルトガル語」(画像左)は

「漢字を覚えるのは難しいです」
とか
「子供の頃、あなたはどんな子でしたか?」

など、もし、ブラジル人に通じたとしても
返ってくる言葉は多分絶対聞き取れない様な
つまり、一方的に言うだけで、相手との会話が成立しなそうな文章

極めつけが

誰も助けて.gif

きゃー!!
こんな言葉をブラジルで使いたくありません!!

そんな訳で、今は
「ことたび ブラジル・ポルトガル語」(画像右)
の必要な部分を丸暗記中

外に出かける時にはipodに入れて繰り返し聞いています
この本は、飛行機に乗ってから、ブラジルの空港に着いて
ホテルに行き、両替し、お買い物に行き
ライヴにサッカー観戦、食事などなど
ブラジルに着いてから、帰るまでの一連の流れの中で
本当に旅行者が必要な文章が載っています
シンプルなので分かりやすい
CDが着いているので、発音も覚えやすい
とってもおすすめです!

どうか
「だれも私を助けにきてくれませんでした」
なんて言わなくて良い旅でありますように!

ブラジルまであと1ヶ月
果たしてどれだけ覚えられるでしょうか?




posted by オリド マキ at 08:43| ブラジルへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

ブラジルに行きます!!

サンバの道の
初めの一歩を踏み出して10年

その間にフリーのイラストレーターとして
仕事としてのイラストの道を歩き出し

別々に歩んで来たそれぞれの道がいつしか

「イラスト」で「サンバ」を表現したい!
「イラスト」で「ブラジル」の魅力を伝えたい!

ひとつの道に繋がりました

そして、ついに11月に
念願叶って初めてブラジルに行ってきます!

ポルトガル語はもちろん
英語もろくに話せません(中1レベル)

治安は、想像を遥かに越える危険度です
窃盗はダメ!とか、人殺しは犯罪!なんて
まるで通用しないお国です

ブラジルに行くまでに、スムーズに行けば26時間
決して近いお国ではありません

それをおしてもなお
私はブラジルにイカネバの娘!!

そんな、ブラジルビギナーの私が
ブラジルに行くまでの準備のあれこれを
「ブラジルへの道」カテゴリーでおおくりしたいと思います

どうぞ宜しくお願いします
posted by オリド マキ at 00:08| ブラジルへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする