2017年11月28日

クリスマス ボンフィンリース

もう11月も終わりですね
そろそろ師走の支度を考える季節
そんな昨日はSORTE Brazilさんにて
ボンフィンリボンでクリスマスリースを作るというワークショップに参加してきました
リース看板.jpg

15色あるボンフィンの中から何色でも好きな色を(合計15本)チョイスして
ワークショップ会場.jpg

1本を半分の長さに切って好きに結んでいくという簡単な作業

お店のAyaさんと楽しくお喋りしながら、どんどん結んでいくと
あっという間に出来てしまいました
私はどちらかというと、Ayaさんのブラジル話を伺うのが楽しくて楽しくてつい長居

ブラジルに魅せられて、何度も長期滞在されているAyaさん
オリンピック期間は日本から渡伯する際、ビザが要らなかった話や
世界イチと言われるリオの年越しのお話など
私が見たこと無いブラジルのお話しをたくさんして頂きました

お話ししながらの作業だったので、リボンの向きがあっちこっち
もっと追加したいと思ったので、追加でボンフィンをお買い上げ

家に帰って、夕飯の煮込み料理をコトコト煮込んでいる間に
買ってきたボンフィンを結びました

ボンフィンは、願い事をしながら手首や足首に3回結んで
それが自然に切れた時願い事が叶うと言われていますので
「どうか家族が幸せでありますように」
「夫も私も健康で楽しく暮らせますように」

願いを込めて結びました

出来上がったそれをどの様に飾るかアレコレお試し
リースとマトリョーシカ.jpg

マトリョーシカ(ロシアとの共演)にするか

リースおやじ.jpg

やはりここはコルコバードのキリスト像がしっくりくるか…

いつになくクリスマスの飾りつけが楽しみになってきました


SORTE Brazilさんは通販もやっておりますが
店長のAtsumiさん、Ayaさんが素敵なので
やはりお店に足を運ぶことを断然お勧めします!
リースあやさん.jpg

眼力強く、お話しが面白く、ブラジル女性の様な魅力満載のAyaさんをパチリ☆
posted by オリド マキ at 10:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

Grupo Cadência×渡海真知子×Quer Swingar Vem Pra Cá=魂根こそぎ持って行かれる(方程式)

昨夜はなかなか寝つけませんでした

なぜなら
入口.jpg

Grupo Cadênciaのライブに、渡海真知子さんとQuer Swingar Vem Pra Cáが一緒になるという
お盆とお正月とクリスマスがひな祭りでリオのカルナバルをしている様な
豪華で幸せ過ぎた夜の興奮が、なかなか冷めなかったから

ライブの初めはCadênciaだけでショーロの名曲を奏でて
骨太の、でも美しい旋律のショーロにうっとりし
カデンシア.jpg


まちこさんとカデンシア.jpg

真知子さんが入ってのサンバは
真知子さんはとても美しいのに、そのスピリットが男前なのか
まるでCadênciaの皆さんとの性別を感じさせないステージ

私は真知子さんの歌声が大好きで
何度も何度もこのブログでしつこく書き続けていますが
真知子さんの歌声で一気にその場の空気がリオそのものになる
あの快感の中毒でもあります

くるくる変わる表情
伸びやかで、どこに行ってしまうか分からないのにきちんと着地する猫の様な歌声
猫を飼ったことがある人なら分かると思いますが
猫に魂奪われたあの感覚を、真知子さんに感じるのです。そう、彼女は美しい猫。

あまりにうっとりし過ぎて、1stステージがあっという間

2ndステージは
冒頭でブロッコの宮地君が今日お誕生日だったので
♪Parabéns pra você〜(←happy birthday to you)
の歌から始まり
ましゅうさんの
「年齢が1つ増すごとに
(人生の)自由度も増すよ」

というお祝いの言葉

金言いただきました!(私にじゃないんですが)

年齢を素敵に重ねて
その重ねた時間が充実したものであるからこそ言える言葉
私もそう言える人生でありたいと思います

そしてはじまった2ndステージはQuer Swingar Vem Pra Cáが入ってのマシーシ
2ndステージ.jpg

「Jura」の選曲も、真知子さん・Cadência・Quer Swingar Vem Pra Cáの組み合わせの妙
そして怒涛のサンバ
普段男性の歌声で聴くサンバの曲だけど、真知子さんのハンサムな歌声は全く違和感を感じることなく
むしろ、そもそもが真知子さんの曲だったかの様

それに

この漫画

あつし君3.jpg
あつし君はタンボリムの筈なのに
あつし君1.jpg

何故か手にしているのは2本のバチ
「?」
と思っていると
なんとバチ2本でタンボリムを!
しかも回し打ちまでやってるではありませんか!
あつし君2.jpg
(お顔の掲載許可を頂いてないのでお手元だけで)

「すごい!こんなの初めて見たっ!」と言うと
「僕もやったことないんです。「これでやってみて」って言われたんでやったんです」って



「やってみて」って言われて
やって

できないよ!(家に帰って試してみましたが、そもそも2本を安定して持ち続けることすら出来ませんでした)

すごいことを軽々とやれてしまってあの余裕
改めて尊敬です

一瞬も逃すこと無く集中し
全細胞がプチプチと喜びに泡立つ気持ち良さに震えた一夜でした
posted by オリド マキ at 16:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

インスタグラム始めました

携帯とかパソコンとか
ましてSNSに手を出すのが、人より俄然遅い方で
デジタル方面に大変疎いまま生きて参りました

しかし、先日イラスト仲間が
「イラストレーターたるもの、発信してなんぼ!」と
インスタグラムの話になり
その場で作成方法をレクチャーしてもらい
人より3歩も4歩も遅ればせながら、ようやっと
インスタグラムを始めました
https://www.instagram.com/orido_maki/

以前使っていたiphoneが
写真を撮ると自動的にインスタグラムに反映されてしまっていた様で
思いがけず、知らぬ間に
それらの写真に「いいね!」を押して下さった方がいらっしゃって
ありがたくも、申し訳無いと思いつつ
それらを削除するところからのスタート

昨日から、少しずつですが今までfacebookやブログにアップしていた
サンバとリオとイラストの画像をアップしていますので
宜しかったら覗いてみて下さいね

デジタルも苦手なら
写真のセンスがそもそもゼロなので
このブログでもピンボケ画像を気にもせずアップしていますが
インスタグラムは画像が勝負のアプリなので
インスタばえ.jpg
posted by オリド マキ at 10:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

Alamir Quintal&Paulo Luiz LIVE@Summit Lounge&Bar

自宅からわずか電車で4分
京浜東北線の隣駅、鶴見に
あの
summitbar.jpg

Alamir Quintalと
Paulo Luisがいらっしゃるとは
これを行かないなんて選択肢はこの世のどこにも存在しないのでありまして
喜び勇んで行ってまいりました

Alamirをご存知ない方はこちらをどうぞ(再生回数50回以上は私です)

Pauloをご存知ない方はこちらをどうぞ

こちらももれなくどうぞ!


駅からテクテク歩いて住宅街の一角にあるBarでライブは行われました
生粋真面目な日本人なので、早めに到着したおかげで
alamir1.jpg

最前列、手を伸ばせばAlamirに届く距離に陣取ることに成功

あんなにYou Tubeで散々見ていた御方が
家から電車で一駅のところで
手を伸ばせば触れられる距離で歌ってる!!
alamir2.jpg

フロアはオシャレをした、とっても美しいブラジレイラ達が
踊ろうとして踊っているというより、自然に身体が動いちゃうみたいな
野生動物の様な美しくてしなやかな踊りと身体に、こちらにも目が釘付け
ここは…リオ?
まるでラパにいるかのよう!
(許可を取ってないので、素敵ダンスの動画や画像を載せられないのが残念でなりません)

ライヴでは定番の曲はもちろん
私が大好きなRetalhos de CetimやLama nas Ruasも歌ってくれて大合唱に大感動!

1stステージが終わって
休憩時間にPaulo LuizのCDをお買い上げすると
一緒に行ったダニエラがポツリ
「CD買ったら、一緒に踊ってくれたりして♫」と言った予言通り
2ndステージで、端っこにいる私達のところまで来て一緒に踊ってくれたりして!
もちろんブラジレイラが踊り出した時のPauloの食いつきっぷりと本気ダンスとは違う
お愛想とは分かっていてもそのサービスが、とっても嬉しい!

ライブが終わる頃にはぎゅうぎゅう詰のお客さん8割ブラジル人をかき分けて
お店から出た時に目に飛び込んできたのは
上半身激しく血まみれ(!)の外人さんが興奮して何か喋っておられて、ライブの興奮一気に醒め
お店の人にガードされながらお店の外に出るという
家から電車で4分(しつこい)
限りなくホームの地なのに
最後までリオの空気でいっぱいの夜でした

cd.jpg

CDにサインしてもらったら
Makiが
Maquiになってて、なんか嬉しい
これから私のローマ字表記も、これでいこうかしら
posted by オリド マキ at 15:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

1本バケッタで

どんだけかっこいいことをしてくれるのですかと!



甘いマスクの(と思うのは私だけ?)Bernardo Aguiarも霞んで見えるほどに!
posted by オリド マキ at 17:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

狙い撃ち!サンバ編

CMに釘付けになったのは何年ぶりでしょう?
↓こちらをごらんください


Mr.コンタックがサンバを!
しかもスルドを!!
可愛いですね〜
ストラップとか出ないかしら?

posted by オリド マキ at 08:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

どっちで「おすすめ」?

You Tubeを見ていると
好みに合わせてYou Tubeさんが
「あなたへのおすすめ」というセレクトをしてくれます

あなたへのおすすめ.jpg
こんな感じで

私はほぼサンバ・ショーロ・猫の動画ばかり見ているので
ショーロを見ている画面の「あなたへのおすすめ」が
「起こしにくる猫が可愛すぎる!」(音量大きいです)だったりして

結婚し、実家の姉と愛猫に何かあった時の為に猫を飼わなくなりはや10年
万年、血中猫濃度が低く、常に禁断症状な私はやはりそのおすすめをクリックしないわけにはまいりません

で、クリックしたら

流れるBGMがなんと!
Noites Cariocas!!(名曲中の名曲)

しかもコメント欄にも書かれているように
猫を見て欲しいのか、曲を聴いて欲しいのかという位の曲の音量

さてこの動画
「猫」でおすすめされたのでしょうか?
それとも
「曲」でおすすめされたのでしょうか?
posted by オリド マキ at 14:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

Mestre Ciçaはミッキーマウス

編集さんからの返事待ちで、お返事を頂いたらダッシュで本番仕上るために
PCのメールのアイコンに受信カウントがつくまでに
今までずっと胸に温めていたネタをアプします。

Mestre Ciçaファンの方にはもしかしたら怒られるかもしれませんが
この動画を見ていると、きっと誰もがこれを思い出すのではないでしょうか
そうです
ディズニーのFantasía
(動画4分超えたあたりからです)

彼の腕がひとたび動くと
それに合わせてバテリアが動きだす
cica.jpg

早さも、重なってゆくパートも、盛り上がりも自由自在
彼の采配に全て任されています

初めてこの動画を見た時
ファンタジア.jpg

ファンタジアのミッキーマウスと重なって
まるで魔法を見ているようにうっとりしました

でも、初めて見た興奮からそう思うのかと
しばらく(2日)放置して、また何日も、ことあるごとに繰り返し再生させて
何ヶ月も経ってもなお、やっぱりファンタジアに見えるのです

そうしてPC上でMestre Ciçaストーカーになって
指揮をしている彼でなく、楽器を演奏している動画を見つけた時には(しかも私のヘピニキにおける初恋の人Gabriel Policarpoと一緒ですわよ!奥さん!)
彼の演奏に合わせて自然に身体がリズムを取ってしまう
まるでミッキーの魔法にかけられて大きくはじける波の様に

私にとってMestre Ciçaはミッキーマウス(あくまでFantasiaの)です
posted by オリド マキ at 19:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

Grupo Cadência Live@PRAÇA11・2017/9/7

9/7・Grupo CadênciaのLiveは「東京」の有り難みをしみじみ感じる夜でした

Grupo Cadênciaのライブは何度か行って、このブログでも書かせて頂いているけれど
今回はジョイス・モレーノが来日し、ブルーノート(他)でライブをされるゲストとして来日した
Pedro Miranda様(あえて「様」)がいらしていた奇跡の夜!

Pedro MirandaがPRAÇA11に入っていらした瞬間
「CDジャケットそのまんまだーーーーー!!!」
当たり前のことに驚きます
だって、私からしたらとても手の届かない
お家でせっせとCD聴いて、You Tubeで動画を繰り返し再生して
いつかリオでライブ見れたら・・・と思い焦がれてた人が
青山のプラッサオンゼにいて
客席でパンディロ叩いてるよ!
pedro1.jpg

(ステージにライトが当たってて客席暗いために、画像も動画もまったく暗闇映像で泣ける)
東京、ばんざ〜〜〜〜〜〜い!!

ましゅうさんと、Pedro Mirandaとのエピソードは以前伺っておりましたが
何度も言葉を詰まらせ、一所懸命伝えようとしたり
一緒に演奏する彼に目配せして、軽くウィンクして、眼に涙を浮かべるましゅうさんに
一朝一夕でないサンバの積み重ねを感じます
この日は私にしたら、とんでもなくラッキーとしか言いようのない夜だけど
ましゅうさんが感じている夜の重さは全然違うのだと

そしてついにPedro様ステージへ
pedro2.jpg

先日天に還られてしまったWilson das Nevesの
O Samba é Meu Domを歌った時には
Nevesを愛してやまないお客さんたちがすすり泣きながら一緒に歌ったり
ご自身の曲ももちろんその歌声も、タンボリムの音もパンデイロの音も
キラキラ光るひかりの粒がこぼれ落ちていく様です
(少しでもそのキラキラをお伝えしたく動画も貼っちゃう→
リオの空気をまとった彼の、甘く澄んだ歌声をこんな距離で聴けてる今
私はなんて幸せなんだろう!

この日は、渡海真知子さんが飛び入りで歌われたり
飛び入りですぐにすっと参加出来ることのすごさ
それ相応の積み重ねがある人だからこそ、人を感動させる演奏が出来ることを
しみじみ感じた夜でした

本当だったら私がリオに行って見るべき人に
例え行けたとしても、短い滞在期間で運良く彼のライブがあるかもわからない確率なのに
自宅から行ける青山で、生演奏を聴けたばかりか写真を一緒に撮ってもらえる奇跡は
ましゅうさんのおかげに他ならなく
翌日お礼のメッセージを送ると、返って来た言葉が

「こういう奇跡が起きるのは、応援してくれるマキちゃんたちのおかげなんだよー、本当に。」(原文ママ)

これですよ・・・涙
私が尊敬する人は皆一様に
サンバに対して謙虚で、惜しげも無く伝えてくれる人たちばかりです
私だったらきっと大声で
「俺のおかげ!俺の功績!俺を褒めろ!」って全力で言ってる!(かな?)

同じ様に演奏したり踊ったり歌われたりするのに
どうしてもその人にだけ目が離れない
なぜだか目で追ってしまう
そういう人がいますが
その違いはきっと、こういう魂の違いなんだと思います
そしてそれはきっと、習ったから得られるものではなくて
もともとその人にあって、それがサンバによって磨かれていくものなのかなと

そして私は、スーパーマリオを見てもPedro Mirandaに見えてしまう後遺症に悩まされております
posted by オリド マキ at 17:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

TSUME.COでポルテーラおじさんネイルを

TSUME.COさんのネイルをお知らせして早速
サンバチームの仲間のめぐちゃんが、サロンに予約をしてくれて
完成したネイルの画像を送ってくれました!

画像が送られるまでは、どのデザインにするか分からず
お仕事がスポーツジムのインストラクターさんであり
パシスタであり、また、サンバのダンスレッスンの指導もしている彼女のことだから
パシスタ柄か、イパネマ模様か・・・あるはトゥカーノ柄かな?とワクワクして待っていたら
なんとなんとの!ポルテーラおじちゃんネイル!!
ネイル.jpg

形の美しい爪に
居心地良さそうに座って演奏しているおじちゃん達
サンバを心から愛し
情熱を注いでいる彼女の爪だからこそ
おじちゃん達も喜んでいることでしょう

しかししかし
インストラクターのお仕事と
7/15のブラジルフェスティバルに向けての練習に
(16:20〜CIA TRIBOで出演されます!)
自身のサンバレッスンMeg e os camaradas de Samba(←facebookのページに飛びます)
7/16の小岩サンバパレードのイベントマスター
浅草に向けての練習に準備に追われる
目まぐるしい毎日の中なのに
私がTSUME.COさんの記事をfacebookでアップしたら即
「予約する!」とコメントしてくれました

豊富なサンバの経験と人情、そしてこの瞬発力こそが
多方面から声がかかり、必要とされ、慕われ
一年中多忙でいる、めぐちゃんの魅力の秘訣なのだと思いました。

めぐちゃん、ありがとう!!
posted by オリド マキ at 16:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

TSUME.COさんでプリントジェルネイル体験!

先日書きました
TSUME.COさん(http://tsume.co/)にて
お仕事させていただきましたジェルネイルを体験してきました!

場所は新宿マルイアネックス4階
8/31までの期間限定ショップです

通常のジェルネイルと同じ様に
爪の形、表面を整え、ジェルネイルベースを塗り
TSUMECO専用ベースを重ね
爪の周りをテープでマスキングしてからプリンターに指をセット
ここから一気にワクワク感が増します
ネイル体験1.jpg

モニターに映し出された私の爪の形ひとつひとつに
模様を当てはめて、形を微調整してくれます
私の様な小さい爪でも安心です

そして
「ではプリントしますね」から
ネイル体験2.jpg

あっという間にプリントが完了
その後、トップコートを塗って
爪の生え際にオイルを塗って完成!

爪を整えるのもとても丁寧にして頂いて
仕上がりは(自分で言うのもなんですが)
イパネマネイル.jpg

夏!って感じですね!水着が似合いそうです!
ネイルの持ちは3週間ほど

ジェルネイルの良いところは、キーボードをバカスカ打ってもどんな家事をしても
普通のネイルみたいに2〜3日で剥げないところ
(時間かけて乾かしたのにあっという間に剥げた時のあの徒労感!)
さらにプリントジェルネイルは、普通のジェルネイルでは不可能な模様や絵柄が出来ること
このイパネマ模様だって、手描きだったらこんな平らには出来なくて
もっとボコボコしていたでしょう
プリントだからこそ出来るネイルを、この夏存分に楽しもうと思います!

もちろんTSUME.COさんでもネイルオフはして頂けますが
私は爪が薄い為、連続でジェルネイルが出来ませんので
オフキット.jpg

オフキット(1200円)を購入しました
市販のジェルネイルリムーバーは持っていますが
こちらをあえて購入したのは
オフカバー.jpg

これが欲しかったから!

自分でオフされる方はご経験あるかと思いますが
爪の大きさに小さく切ったコットンにリムーバーを浸し、爪に乗せ
それをアルミホイルで包むあの作業!

利き手をやる時の、親指&人差し指をアルミホイルで包んだ後
薬指や小指にホイルを巻く時のあのやりづらさ!

リムーバーで濡れたコットンが、ホイルの中で右往左往して
気づいたら爪じゃなくて、肌の方にいっちゃってるよ!なんてことがあると思います(私だけでしょうか?)
そんな面倒な作業もこれ一つでズバッと解決☆
痒いところに手が届く発明を、ありがとうございます!


プリントジェルネイルの工程の分かりやすい動画がありますのでこちらもどうぞ→
(音が出ます)
posted by オリド マキ at 16:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

ori de janeiro 2017夏コレクション

今回は
夏にピッタリ!
海に、山に、サンバのイベントに
遊んだ汗を吸収してくれるタオルを作りました!
copa.jpg

コパカバーナ模様と

ipa.jpg

イパネマ模様の2種類

色はブラジルカラー(青・緑・黄色)をはじめ
実物と同じ黒
そして
verde e rosaでマンゲイラを表現したかったので
ピンクをご用意しました
その他にも、色の組み合わせで推しエスコーラをアピールすることもできますね
(もちろん単色でも)

色違いでも、色指定で済ませずに
1色1色心を込めて塗りましたので
色ムラが全部微妙に違います

そして、もう一つ
水道橋.jpg

リオの名所・カリオカ水道橋!!
横長の作品を作るとなったら、真っ先に描きたいと思ってあたためていたデザインです
今回やっと作れる、その喜びが、絵に出てる気がします

本格的なサンバシーズン到来!
ライブに、パレードに、練習に、飲み会の席に、いかがでしょうか?
私はブラジル・フェスティバルにはこのやりすぎコーデで行こうかと・・・
ipaコーデ2.jpg

やりすぎか・・・

せめてこの位に収めた方が良いでしょうか?
ipaコーデ.jpg


ご注文はこちらから

https://jamaru.jp/oridejaneiro/

ご注文頂いてからお手元に届くまで
約2週間ほどお時間を頂いております
(すぐご注文頂ければギリギリ、ブラジルフェスティバルに間に合う感じです)

また、サイトでは、お届けの日時指定を承ることが出来ませんが
配送段階でヤマト運輸よりメールが送られますので
お手数をおかけしますが、その際にご都合の良い日時の指定をして頂けたら幸いです
ご不便、ご面倒をおかけしますが、どうぞ宜しくお願い致します
posted by オリド マキ at 15:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

TSUME.COさんでリオとサンバのジェルネイル発売します!

おじさん達.jpg

facebookのトップバナー(って言うので合ってますか?)用に描いた
ポルテーラのおじいちゃん達のパゴージ風景を
自分のイラストのサイトのギャラリーにアップしていましたら
まさか
「この人達を1本ずつネイルにしたら面白そう」
ジェルネイルデザインの依頼が来るなんて
夢にすら思い描いたことはありませんでした

リオにおいて、ネイルを塗らないのは
脇毛の処理をしないのと同じことと
この日記を書いてから早4年

ついに
サンバとリオモチーフのジェルネイルデザインを
TSUME.COさんにて7/1より
発売させていただくことになりました!
IMG_4711.JPG

普通のジェルネイルとは違い
ネイルプリンターで5本指同時に施術出来る(約45分!早い!)
新しいネイル技術

ネイルプリンターで爪の大小に関わらず均一に施術するので
爪が小さくてジェルネイルで思うようなアートができなかった方や
仕事や家事で爪が伸ばせない方にもおすすめです(サイトより文章お借りしました)

お値段も3500円と、ジェルネイルでは格段にリーズナブル!

柄もポルテーラのおじいちゃんの他
IMG_4712.JPG

サンバのパシスタのイメージと
イパネマの石畳の模様を可愛く
ブラジルの植物とトゥカーノ
IMG_4710.JPG

計4種類揃えました

お近くの店舗はこちらから検索出来ます

http://tsume.co/wordpress/shop/

6/2〜8/31まで
新宿マルイアネックスにて、TSUME.CO期間限定ショップもオープン!

http://tsume.co/wordpress/default/2179/
(私は7/1に早速行ってきます)
夏本番!海に、サンバのイベントに
7/15.16のブラジルフェスタに!
こんなサンバなネイルで夏を遊んでみるのはいかがでしょうか
どうぞ宜しくお願いします!
posted by オリド マキ at 14:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

石畳に腱鞘炎5秒前

リオの
コパ.jpg
コパカバーナと
イパ.jpg
イパネマの石畳のモチーフに、とことん弱い私

部屋のインテリアでも素敵に飾りたいと思うものの
日本ではなかなか手に入らない

ならば

自分で描けばいいじゃん!と閃いて
早速石畳を描いて5秒で
後悔!
果てし無い先が見えない終わらない
何でこんなことに手を出しちゃったんだろうと思いながら手を動かし続けて
後半は、あわや腱鞘炎か?という様な筋肉のヒキツレと戦いながら、何とか完成
印刷に出して額に入れて部屋に飾ったら
後悔、腕の痛み
どこへやら〜
額イパ.jpg

素敵じゃありませんか!

イパネマで力尽きて
コパカバーナの石畳は若干大きめになってしまいました
額コパ.jpg

やはり、魂込め度でイパネマの勝利!

しかし
これでリオの雰囲気がいつでも我が家に・・・という満足よりもますます
リオに行きたい!!!という気持ちが大きくなってしまう結果に

早くこの石畳を自分の足で踏みしめたい
posted by オリド マキ at 09:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

ありがとうセツ・モードセミナー

私がイラストレーターという道を知り
その道を歩むきっかけになった母校
セツ・モードセミナーが閉校する知らせを受け
現在イラストレーターとして活躍する同期の2人と一緒に母校を訪ねてきました

久しぶりに訪ねた校舎は
校舎.jpg

通っていた時と全く変わりなく
生徒の絵が飾られているフロアも
ロビー.jpg

教室に向かう階段から見える中庭の草花も
中庭.jpg

セツ先生の張り紙も
カフェ.jpg

あの時のまま

楽しかった思い出と同じくらいに
絵が確立出来ていない、どういう方向でいけばいいのか定まらない
早く「これだ!」という手応えが欲しい
若さゆえの勢いと強気
それに反する自信のなさが交差して
苦しかったのを思い出します

また絵を習うということも新鮮でいいかな・・・という思いが浮んだ刹那
あの苦しみは、二度と味わいたく無いとも思うのです

私がセツ・モードセミナーを知ったのは
当時、人生の深いどん底にいた私を心配してくれた勤め先の先輩が
仕事が終わると毎晩、晩ご飯を食べに連れて行ってくれたからでした

その日も、たまたま入ったお店のカウンターに飾られた絵に目が止まり
それを描いたお店の人が「セツに通っているの」と教えてくれたことがきっかけでした

あの頃は、ネットも携帯も無かったし
大型書店など近所に無く、アート関係の本を手にしたことも無く
そもそもイラストレーターという職業があることすら知らなかった田舎娘だったので
どうやって入学案内を取り寄せられたのか思い出せません

その後
入学してから、既にイラストレーターとして活躍している子と知り合ってはじめて
イラストレーターという職業があることを知り
今の私がいます

もし、セツに通わずともイラストレーターの道を知り、その道を目指したとしても
一緒に目指す仲間がいなかったら
とっくの昔に挫けていたでしょう

絵は全然上手じゃないし
イラストレーターに必要なオシャレなセンスや
「荒削りだけど光るもの」(←憧れ)など皆無というかそれ以前に
美術の授業以外で、まともに絵を1枚完成させたことすらない
(本当に絵が好きなのか・・・?)
コツコツ何かを積み重ねることが一番苦手な私が
こうして仕事としてやれているのは
隣で、同じ道を進む仲間がいたからです

一緒に校舎を訪ねた、同期の一人は
友人からセツを教えてもらい、その友人と一緒に抽選に行ったのに
友人は落ちて、彼女だけ受かったと言い
もう一人は何回も抽選で落ちて、あの時やっと入れたという

努力とか、絵の上手い下手でなく
運だけで入学出来るこの学校に
同じタイミングでセツに入学出来たことが何より自分の幸運だったと
今しみじみ思います

そして
毎晩毎晩、仕事帰りにご飯に連れていってくれて
帰りの方向も違うのに、毎日欠かさず家の前まで車で送ってくれた青木先輩がいてくれなかったら
私はセツに出会うこと自体、なかったのです
今はもう会うことは無く
一緒に働いていた時間はたったの1年足らずだったというのに
自分の人生をガラリと変えてくれた人がいることを
忘れてはいけない

校舎を後にして
3人が、話す内容は
研磨され、経験を重ねたからこその深みが出てきたものの
20年前とほぼ変わらず
好きなことを、自分の信じる道を自由に、楽しんで進んでいこう!というものでした

何者にもなれていないからこその、白紙の自由と
経験を重ねたからこそ選択出来る自由
今、後者である自分と
セツに入れたことが、どれだけ運が良かったかを
その強運を持っていることを
幸せに思います

セツ・モードセミナーと
当時支えてくれた人と
あの時からずっと今も変わらず近くにいて、切磋琢磨出来る仲間に
ありがとう

思い出.jpg
posted by オリド マキ at 12:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

渡海真知子LIVE“Samba,Música brasileira”feat.伊藤祥子

今のワタシ
マイナス10歳肌!!

なぜみずみずしく潤っているかというと
昨夜、このライヴに行ったから!
ライヴ看板.jpg

渡海真知子“Samba,Música brasileira”feat.伊藤祥子in神保町 楽屋

この冬は主治医に
「絶対に絶対に絶対に!風邪をひいてはいけません」と
しつこいほど、念をおされました

潰瘍性大腸炎は、風邪をひくと再燃しやすいらしく
長年寛解を維持していた女性が、ちょっと風邪をひいただけで再燃して
あれよあれよと言う間に、大腸摘出した例があるらしく

たかが風邪と侮るなかれ
「できるだけ外に出ないで」とキツク言われましたので
外出する時を厳選せざるをえないわけです

しかも、楽しみにしていた1/17の熊本尚美さん帰国ライブの日
愛猫が他界したために、泣く泣く(号泣)で席をキャンセルしたこともあり
昨日のライヴに向かう私は、まさに、カラカラに乾いた砂漠でした

渡海真知子さんのライヴでピアノデュオというスタイルは私は初めてで
祥子さんのCDジャケットをお仕事させて頂いたご縁もありまして
とても楽しみにしていました

そしてライヴが始まった瞬間
ピアノの1音1音がまるで水の雫の様にポタポタ降り注いで
ライヴ1.jpg

強くなり弱くなり、波になって
ライヴ2.jpg

それが真知子さんの歌声で大きなうねりとなって
ライヴ3.jpg

巨大な渦に体ごとザバーーーーーーーン☆と容赦なく放り込まれる様な感覚でした
ライヴ4.jpg


いつも、一瞬でリオに吹き飛ばされる真知子さんのライヴとはまた違い
みずみずしく、キラキラした音の粒
声とピアノの音、お互いがお互いを包み込み、大きな渦に身を任せる
ああ!この心地よさ!!

祥子さんのショーロのソロや、ワルツの美しさ
真知子さんと目くばせしながら、身体をスウィングさせてピアノを奏でる姿のチャーミングさ
内容の全然違う曲を続けざまに歌い、猫の様にコロコロ変わる真知子さんの表情

ああ。歌うべき人はその声を
ピアノを弾くべき人はその腕を
それぞれの役目を全うする魂を
神様から与えられて産まれてきているんだと
ご自身の努力がそこに重なって
こんなに人を震わせる演奏になるのだ

そして

「人生には、泣きたくなうようなことが沢山あって
それでも私たちは自分の道を、歩き(歌い)続けなければならない
ただ一つ
自分だけの道(歌)を歩く(歌う)
私たちは皆誰もが、カンタドール(歌い人)だ」

と歌詞を紹介してから入る
O CANTADOR(←クリックすると動画に飛びます。曲は短めです)

自分が涙を流しているのを気付いたのは、曲が終わってからでした

何度も、何度も
CDはもちろん
(CD持ってるのに)you tubeのこの動画だって何度も見て
真知子さんが歌うこの曲には慣れているのに!

歌詞に感動してとか
「そうよ私もそうなのよ!」みたいな、頭や心で感じるより早く
静かに魂がフルフルと揺さぶられる感じ

そしてこの曲
desafinado
まさか涙を流すとは!自分が自分に驚きました

真知子さんの曲紹介

「そうよ、私は音痴な女よ
でも、音痴な私の魅力が分からないなんて
アンタ(恋人)は心音痴よ!

心音痴」!なんたる名言!
ってMCでは笑ってたのに!

私はとても音痴で、とてもコンプレックスだったけど
女ジャイアンと言われたって
「鼻歌の1音も、原型をとどめていない!」と家族に言われたって(ちょい涙)
「音痴?だから何?」明日からそう言ってやるわ!って
お腹の底から元気が出てくるのに、涙が出るなんて!
祥子さん、真知子さんのハンサムウーマン(←失礼な表現かもしれませんが、タフでとびきり美しい女性のイメージです)の為せる技!

ライヴ中は残念ながら撮影NGだったので、画像でお伝えすることは出来ませんが
どんなに画像を貼り付けても、伝え切ることは難しい
だからこそ、やっぱり音楽はライヴが一番!!
改めてそう思った幸せな帰り道、私は決めました
歌は音痴でも
決して「心音痴」にはなるまい!

そんなお2人の次回のライヴはこちら!
copodpdia.jpg
posted by オリド マキ at 17:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

画家・織戸ゆかり個展「ぐるぐる」のお知らせ

私「真紀」の名付け親であり
先日もこちらに書きました→
オリド家3姉妹の長女で、画家の織戸ゆかりが2月14日から
目白のGALLERY REVENTにて個展『ぐるぐる』を開くことになりました
織戸ゆかりDM.jpg


姉と一緒に遊ぶときは、お絵描きが多かったので
自然と私たち姉妹は絵を描くことが好きになり
そのおかげで、私は今、イラストレーターの道を歩んでいます
それでも、幼い頃からずっと
「姉には一生敵わない」と、今も思い続けています

見たものを自分なりに消化して、イラストにする私と違い
自分の内から溢れ出る想いを形にする姉の想像力を
身内ながらいつも尊敬の眼差しで見ています

姉のパワフルながらも繊細な作品を
ぜひ多くの方に見ていただきたいです
どうぞ宜しくお願い致します

織戸 ゆかり展
『ぐるぐる』

2017年2月14日(火)〜2月25日(土)
12:00〜19:00 (最終日は17:00まで)
※2月20日(月)休廊
GALLERY ルヴァン 豊島区目白3-12-7 http://www.g-ruevent.com/

*織戸ゆかり在廊予定
初日14日(火)13:30〜
17日(金)15:00〜
18日(土)・19日(日)終日
24日(金)15:00〜
25日(土)終日 

詳細

GELLERY RUEVENT
織戸ゆかりブログ

ぼちぼち帖
posted by オリド マキ at 15:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

結局運気アップする人というのは

旧正月が過ぎ、時は春(ですが今外は雪降ってます)
2017年も本番を迎えました

そんな立春の日は、イラストレーターの新年会
皆それぞれにオススメの逸品を持ち寄り
美味しいご馳走に舌鼓し
個展お疲れ様&展示お疲れ様&1月生まれの2人のお祝いが重なって
お家全体が良い気に溢れていました

全員がフリーランスのイラストレーターなので
自然と仕事(からのお金)の話に

そこで、お財布どういう風に使ってる?という質問から
あらゆる金運アップネタ(諸説あります)が出ました

・2/4に新しいお財布をデビューさせると金運アップ説
・前の年のうちに、自分より稼ぎが良い人にお金を渡し、財布を買ってもらい、1/1にデビューさせる説
・2/20に新しいお財布デビュー説
・皇居の売店で販売されているお財布が良いらしい
・新しいお財布を使い始める時には、大金をお財布に入れる
・お札と小銭を一緒の財布にしない。小銭入れを別に持ち、ポイントカードなどもカードケースに入れて別で持つ

などなど
フムフム

昨年内はもう過ぎてしまったし
2/4は今日だしで
今から出来るとすれば、2/20説!

2/20に新しいお財布説を説く、超売れっ子イラストレーターのIちゃんは
「2/20におろすために、新しいお財布買ったの!」と言って
それはそれはピカピカ☆の素敵なお財布を見せてくれました
でも・・・今日って2/4だよ?
おろすのは、2/20じゃないの?と聞くと
「そう。でも我慢できなかったの!」と嬉しそうに微笑むキラキラ顔を見て思いました
運気がアップする人というのは、こういう人だということを

「すごく気に入って買っちゃった。今すぐ使いたいけど・・・20日まで我慢我慢・・・」より
「我慢できなかったの♡」と思う人の勢いの方がはるかに
良い運を引き寄せるんじゃないかと!

そういえばここに集いしメンバーもれなく
「良いと思ったことは即行動」の集まりだった!

私の今年は、昨年の年末からの再燃の危機に加え
1月半ばに愛猫を見送り、どうにもパワーダウンが続いていたので
この良い勢いと波に乗りたい!

というわけで、早速キラキラのお財布をゲットしました
お財布.jpg
(この一万円札はなんとゴールドです!)
「我慢できなかったの〜!」と言いたい気持ちをググッと堪えて
2/20のデビューを待っています(こういうところがまだまだ小者)

今回、金運アップさせたい一番の動機は
またリオ・デ・ジャネイロに行き、もう一度リオの絵で個展をやりたいから

この目標の為に、再燃することなく身体を整え、お仕事をして
お金を貯めて実現させたいと思います

スーパーサラダ.jpg
柿崎シェフ特製・スーパーサラダは美味しいだけでなく、運気もアップしそうなエナジー満ち満ち!
posted by オリド マキ at 18:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

夢をみて、考えた

実家で15年飼っていた愛猫のマメが
今月、虹の橋を渡り、天に還りました
マメ2.jpg

我が家の庭で保護した先住猫(チビ)が一人では寂しかろうと
お世話になっている動物病院で里親募集の子猫をもらい
小さく可愛いあまりに「マメ」と名付け
姉達と育てていました
5年一緒に暮らしたのち、私は結婚して家を出たので
その後は姉と寄り添い暮らしていました

そのマメが昨年暮れから体調が悪くなり
最後は筋心症による血栓で、下半身が麻痺になり
床ずれ防止などで24時間介護が必要になり
長い戦いになるぞと姉とローテーションを組み
気合を入れていた矢先でした

マメが旅立った日の夜は眠れず
心身ともに疲れ果てて翌朝、実家から自分の家に戻り
静かな部屋に一人ポツンといたら
あんなに実家でも散々泣いたのに
いつまでたっても涙が止まらずに
頭がかち割れるのではないかと思うほど大泣きしました

マメに会いたい
あのモフモフに顔を埋めたい
お布団で一緒に寝たい
何よりも、愛おしくて胸が苦しくてたまらない

もっとこうしてあげればよかった
あんな風にも出来たかもしれない

思い始めたらキリがなく
泣き疲れてそまま寝てしまい
夢の中でなぜか
安全地帯の「悲しみにさよなら」という曲の

♫泣かないで一人で
微笑んで見つめて
あなたのそばにいるから♫

この言葉が出てきて目が覚めました
泣きすぎて、夢のなかで自分で自分を慰めるまでに!

そして、この言葉を頭で反芻していて思いました
自分が死んだ時、家族と友人には
一緒に笑ったこと、楽しかったことを思い出してゲラゲラ笑っていてほしい
遺された夫には(看取ってもらうこと前提ですが)、一人部屋で泣いていて欲しくない
まして後悔なんて、絶対にして欲しくない!!
楽しかったことを思い出して、微笑んでいてほしい
この歌のこの歌詞は、私が死んだ時の気持ちそのままだなと思いました

そして、私も出来るなら
「ああ楽しかった!」と言って笑いながら天に還りたい
これからもたくさん、笑って笑って過ごそうと思います

今はまだ思い出すと
やり場のない愛情が溢れて悲しみになってしまいますが
今はどうか、下半身の麻痺からも解放されて
元気いっぱい天を駆け回っていますように
私や姉の愛情がマメに届いて、そのあたたかさで、ヌクヌクできていますように!
ただひたすらに愛情を送ろうと思います
マメ1.jpg

我が家に来てくれて、ありがとう
posted by オリド マキ at 18:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

「アートと暮らすインテリア」(パイ・インターナショナル)身内自慢

我が家の長女・織戸ゆかりは画家です
その姉の作品がこの度
表紙.jpg

「アートと暮らすインテリア」(パイ・インターナショナル)にて紹介されました!

姉の作品をご購入下さった方がそれをインスタグラムにアップして
それが編集者の目に止まって採用されたそうです
紹介1.jpg

キャプションには「小さいながらもパワーがあり、ものが多いキッチンでも存在感抜群です」ですって!
紹介2.jpg

姉の絵が、こんな素敵なセンスの空間に・・・・嬉涙

センスが良いお部屋もさることながら
私にとっては、いつも姉の絵は、ギャラリーで観るしかなく
個展が終わった作品は、アトリエや実家の部屋に重ねて置いてあるのを見るばかりだったので
このように、活き活きと素敵な空間でのびのびと絵が存在しているこの喜びを
なんと表現したらいいのでしょうか!
(丸善で、叫んで飛び上がって涙して)

私も絵を部屋に飾ることは、とても試行錯誤をしています
部屋全体のトーンが絵に合っているか
絵だけ浮いていないか
そもそも絵を飾る余裕のある家で育っていないので
磨く「センス」というのを持ち合わせておらず
「これでいいのか?」といつも考えます。全く自信はありません

この本を読むと、こんな風に家全体のトーンを統一させたいなあ〜など
インテリアのイメージが膨らみます
こんな風に飾ればいいんだと
やってみたくなることもいくつかあったりして

絵を飾るというのは、単にオシャレとかだけではなく
自分の家という大事な空間に、絵のパワーをいただくのだというのを改めて思います

この本を見て、少しでも
「私の部屋にも絵を飾ってみようかしら」と思う人が増えたらいいなと思います

因に、天才画家・織戸ゆかりの絵はこちらからご購入頂けます
hotsumi GALLERY・Online Shop

http://www.hotsumi.com/untitled-c1orp

Online Shopはありませんが
銀座・O gallery(オーギャラリー)にて作品を直接見てご購入頂くことも出来ます

http://www4.big.or.jp/~ogallery/

どうぞ宜しくお願いいたします!
posted by オリド マキ at 16:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする