2020年08月03日

ショートヘアに縮毛矯正

やっと梅雨が明けましたね!
太陽の光がなんという心地よさ!

ただでさえ日当たりが良くないベランダのハーブちゃんが
長引く梅雨で悲惨な状態に。。。。涙
ミントちゃん.jpg

(V字回復願う〜〜〜)

さて、この湿気。
クセ毛人には辛い季節。

私は、クセ毛の人も同情する程の重度なクセ毛で
本来の私の髪を見たことない人にはよく
「クセ毛って可愛いじゃない?」と、言われてきましたが
ストレートヘアの人の言う「クセ毛」というのは
外国人みたいな、オシャレなニュアンスのあるそれを意味します。

しかし私の場合は
にっちもさっちもいかないクセ。1mm足りとも可愛げ無し。

言葉で言っても分からないでしょうから、ドンピシャな参考資料を拝借

私の髪はまさに
ボンスター.jpg

フワフワにほぐしたボンスターなんですよ!泣く〜。余裕で号泣〜

10代終わりより、今まで
縮毛矯正、もしくは、パーマを繰り返し
本来の髪の質を見ないまま、今日まで過ごして参りました。
若い頃には、デジタルパーマとカラーリングや、カラーと縮毛矯正という
長年、頭皮拷問の刑に処していた割に
よくぞここまで禿げずに来てくれたものです。


縮毛矯正をかけるなら、セミロングかロングでないと、ということで
これまでずっとロングorセミロングを行ったり来たり。

しかし

2018年冬に、ブラジルに行けなかったことで
セミロングの髪を手入れすることすら
「やってらんねえ!」状態まで心がやさぐれて、一気にショートに。

残る縮毛矯正の部分がすっかり生え変わり
30年ぶりに対面する我が本来の髪の毛

クセのクセぶりに驚きつつも
ヘアアイロンを駆使して何とかここまでやってきましたが

この長引く梅雨の湿気



耐えられん。。。。


くせ毛.jpg

朝起きたら私のところだけ何故か常に吹き荒れる、北北西の風・風力4

ヘアアイロンでキューティクルというキューティクルを焼き滅ぼしても尚、耳の後ろで荒れ狂う髪

オンライン飲み会でも指摘されるほどのくせ毛


耐えられん。。。。



しかし、縮毛矯正は、お値段がそれなりにするし
しかも、ショートヘアでやってくれるところはなかなかありません。
何故なら、下手をしたら、全盛期GLAYのHisashi風になってしまうから!
hisashi.jpg



ということで、諦め半分・希望半分で、Instagramを検索していたら
ショートヘア独自の縮毛矯正技術をお持ちの美容師さんを発見!
しかも武蔵小杉てめちゃご近所!

ということで早速行ってみました。

ほぐしたスチールウールだった私の髪は
ティモテばりの、サッスーンクオリティ(お若い方はご存知ないかな?)の
Yes!ハーバルエッセンスもかくやという
ツルッツルの髪に大変身!

寝起きに、パルシステムが来ようが
ヨガ中にAmazonの配達が来ようが
へいっちゃら!(スッピンなんとかせい)


しかも、昔に比べて格段に楽になった矯正技術
昔の矯正.jpg

日々進歩する美容技術に、感謝の念が止まりません。

スキンケアを一切止めた時の快感に似ています
この楽さ!もう、戻れない。

ほんの少し前まで
ショートヘアで縮毛矯正が出来るなんて
しかも、いかにも!な感じではなく、自然な仕上がりに出来るなんて
夢にも思いませんでした。

なんて良い時代になったんだろう。

今は、夏の湿気にも、ドンと来い!の気持ちです。
posted by オリド マキ at 14:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする