2019年08月14日

オリド マキ個展〜私のブラジル色〜のお知らせ

ライブのルポも、リオ日記も書けずに
あっという間に8月になりました

今回は
暑中お見舞い申し上げますと共に
初日まで1ヶ月をきりましたので
個展のお知らせです

2019年 9月10(火)〜15日(日)まで
恵比寿のGalerie Malle(ギャラリーまある)さんにて
オリド マキ個展〜私のブラジル色〜
を開催いたします

サンバに出会い
リオに恋した、私の20数年を詰め込みました


作品を描いている今
改めて、絵というものは、描く人間そのものがあらわになるな…と思います
良くも悪くも、装うことができず、自分の裸を晒すような気持ちです


いままでは、風景や人の姿など
「自分が眼で見た」ものだけを描いてきました

ですが

これまでサンバやショーロのライブに行った感想を
「言葉では表現出来ない!」とブログに書き続けてきて
「言葉では表現出来ない!」と書きさえすれば、それ以上表現する努力をしなくても許される的に
まるで免罪符の様に乱用してきた自分を省みて

言葉で表現出来ないからこそ絵にしなくて
なんぞイラストレーターかと気づきました(イマサラ〜〜〜!)

ここではじめて
「サンバやショーロを聴いている時の私の心模様」を
1枚の絵にしました

恐らく、演奏される側の人は皆さん
「素敵でした!」「かっこよかった!」「最高でした!」という言葉は
聞き慣れていらっしゃるかと思います

そうではなくて

あなたの歌声や、スルドやパンディロやカバキーニョの音で
私の身体がこんな風になります。伝わりますか?という想いを描きました

作品の全てがサンバとブラジルへの
「好き 好き 好き 好き 好き 好き〜」に溢れまるで

一休さん状態なむさんだ〜


本心で言えば個展のタイトルは「リオとサンバへの感謝祭!」が、私の気持ちそのものですが
夏のバーゲンみたいなタイトルなので
ちょっと気取って「私のブラジル色」としました

今年リオに行った時、ヒッピー市で
たくさんの素敵な絵が売られていて
そのどれもが素晴らしく、それを見た私の気持ちは
「私には決して描くことが出来ない」
「とても敵わない…」
から
「私がリオを描く意味ないんじゃないか…」まで落ち込みました

しかし

遠く離れているからこそ、リオを想い焦がれる日々があり
サンバが好きで、でも楽器は下手で
落ち込んだり、凹んだりする(同じか)
私にしか描けないものがあるはず!…と思いたい!
…と、誰か言って欲しい!
と思わなきゃやってられない〜〜〜!という心の葛藤があり

他の誰と比べるものでもない、私とサンバの月日という意味を込めての
「私のブラジル色」です
(〜私のリオ色〜としなかったのは、一枚だけサルバドールの作品があるためです)


これからもリオやサンバの風景を描き続け、Instagramや自分のサイトで発表することは変わらないと思いますが
イラストレーターとして、次のステップに進むため
リオとサンバをテーマにした「個展」という形は
今回が最後となります
そんな
私とサンバの20数年の集大成(←変換で醜態って出た〜!いや〜〜〜〜!)を見に
恵比寿に足をお運び頂けたら幸いです

しかしながら、今年も連日の猛暑
ニュースでは「災害レベル」と表現される日もありました
どうぞくれぐれもお身体を大切に
皆様がこの夏を満喫されますよう、心よりお祈りしております

個展dm2.jpg


個展dm1.jpg


===========================
オリド マキ個展
〜私のブラジル色〜

2019年9月10日(火)〜15日(日)
12:00〜19:00(最終日は16時まで)
(会期中毎日14:00〜在廊予定)

Galerie Malle
東京都渋谷区恵比寿4-8-3
https://galeriemalle.jp/
===========================
posted by オリド マキ at 14:13| 個展への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする