2019年07月12日

リオ2019・嬉しかった言葉

リオでライブで楽しくて踊っていると
よく周りのカリオカ(リオっ子)に褒められます

それは総じて
例えば、西洋人がおぼつかない手つきでお箸を一所懸命使うのを見た時の
「箸使い上手ですね」とか

「オハヨウゴザイマス」「アリガトゴザイマシュ」言うだけで
「日本語上手ですね!」って言うのと同じの

赤ちゃんに対する「あんよ上手」的なものであって
決して私がダンスが上手です!ドヤッと言いたいわけではありません

特に、平たい顔族日本代表みたいな
あらゆるところが平たく薄い顔で
差.jpg

ライブの中では、究極地味〜〜〜〜〜〜〜な私がノペを踏むので
とっても友好的に思って下さるのだと思います

今回も
大抵は、そういう「あんよ上手」の社交辞令的に受け取っていたのですけど
Renascença clubeで踊っていると
ダンス1.jpg

かわいこちゃんが寄ってきて
しばらく一緒に踊っていたら
ダンス2.jpg


!!


「あなたのダンス、好きよ」というのはまるで
私のサンバに対する思いを褒めてもらえた気持ちがして
今までかけて頂いたどんな言葉より嬉しいものでした!

リオや日本のサンバのライブで、踊れたらもっと楽しいだろうなと思い
はるか昔にジョージに習い
そして、サンバ仲間のMちゃんに誘われてVila do sambaのパシスタ初級を受けました

特に、Vila do sambaで習ったことは
「ダンスは身体を使ったバテリア(打楽器隊)だ」ということ
腕や足を使って、一緒にリズムを刻むことをいつも胸に練習していました

楽しい!たまらない!と思った時、そのリズムに合わせて身体で一緒に演奏する様に踊る時、身体じゅうが喜びに溢れ
そして、それを見て、好きだと言ってくれる人がいて
それをストレートに伝えてくれる
嬉しい!感激!ありがたい!
(日本だったら、ブラジル人が素敵に踊っていても、わざわざそれを伝えにいかないなあ。。。反省)
ダンスレッスン受けていて本当に良かった!

今回、リオ初日のCarioca da Gemaのアナ・コスタのライブに
たまたま同じ時期にリオに来ていた、私のダンスの最初の師匠ジョージがいて
最前列にいたカリオカ女子2人に「携帯で動画撮るから踊りなさい!」と言われ
ジョージと並んで踊る姿が、彼女らの携帯に収められました

ライブで踊っていると
「平たい顔族が珍しいぞ」と、携帯で撮ってくれる人が時々いますけれども

今回、初代師匠と一緒に撮られたことが

か・・・感慨深い。。。。

私のダンスの師匠・ジョージと翼さんに感謝のリオでした

《おまけ》
ジョージが突然踊りだした時のこと
ジョージ.jpg
posted by オリド マキ at 17:09| 2019年リオ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする