2019年05月10日

リオ2019・神アプリUber

今回のリオ滞在で最も感動したのは
「Uber」という配車アプリ!
uber.jpg



リオの夜はライブが欠かせないけれど
夜、街中(マチナカ)を歩くのは大変危険
昼間であっても気が抜けないので、移動は比較的安全なところ以外は極力タクシーを使います

しかしタクシー

これが本当に難しい

土地勘に乏しく、道に詳しくないので、遠回りされても分からない
お釣りをごまかされない様に、気を張っていなければならない

前回も、わざと遠回りされたことを私はしっかり覚えています
思い出すだけでも…
つ…疲れる

そんなリオビギナーにとって、このUberはまさに神・アプリ!

行きたいところを入力すれば(住所でなくとも、お店の名前でもOK!)
自分が居る場所から、一番近くを走る車が来てくれます

自分の居る場所まで、あと何分で到着するか
車種・車のナンバー・運転手の名前と顔も出てくるので
私は道で、その車が来るのを待っていれば良いだけ!

しかも、ちゃんと地図上に、その車が今どこを走っているかリアルタイムで映っているので
どの道から来るかも分かります

さらにすごいのは、目的地までのルートも金額も、乗車前に出てくるので
ボラれる心配も、遠回りされる不安もゼロ!
ポル語が出来なくても大丈夫!
安心明朗会計!

加えて
タクシーさえいないライブ会場で、しかも外は結構危険な場所だとしても
会場内でUber呼び出し、到着時間に合わせて外に出ればOK!
いつ来るか分からぬタクシーの争奪戦をする必要も無し!

リオにいて、タクシーに関する不安と不満が一気に解消ということが
どれだけ旅のストレスを軽減することか!!

しかも、ちゃんと星の数で、ドライバーの評価が出来るシステムもあるせいか
今回滞在中に利用したUberの皆さん良い人ばかり

そのせいか(憶測ですが)Uberにお客を奪われる危機感からか
今回利用したタクシーで、ボラれることはありませんでした

私は、リオにおけるノーベル平和賞を、Uberを開発した人に捧げたい!
Uberのおかげでどれだけリオの旅が快適だったか
声を大にして言いたい!
ありがとう!Uber!!!
(興奮のあまり「!」の多様をお許し下さい)

しかし、Uberの進出で、リオではタクシーを利用する人が減少し
商売上がったりと、タクシーの運転手がUberの運転手に暴行するという事件もあったそう

真面目に商売をしているタクシーもいると思います
私も今まで、毎回ボラれた訳ではありません
しかし
それだけUberが人気になった原因のひとつに、多くのタクシー運転手の不誠実さがあるのは間違いありません

私たちだって、ボラれなければ、遠回りされなければ、お釣りをごまかされなければ
安心して、Uberと同じ様にタクシーを利用するはずだから

タクシーの運転手さんにはぜひとも、Uberを超えるアイディアを発明してもらって
さらなる発展をして頂きたい

Uberの誕生が、格差を生む競争ではなく、お互いがより良いサービスを磨き、切磋琢磨し合うものになることを願います

posted by オリド マキ at 14:01| 2019年リオ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする