2018年07月30日

京浜東北線・ロシア経由リオデジャネイロ行き

ああ

ああ

ああああああ〜〜〜〜〜〜

さいっっっこうだった!!
まちこさん4.jpg

渡海真知子さんライブ@Live matters KAMOME

関内駅で待ち合わせして
腹ごしらえに、ロシア料理屋さんへ
ロシア.jpg

きのこの塩漬けのマリネや
ビーツやニシンの入ったサラダ
スパイスの効いた黒パン(驚きの美味しさ!)に
3種のピロシキにロシア風餃子に、ジャガイモのガレット風などなど
久しぶりに会ったサンバ仲間と、ワイワイ喋りながら
美味しいロシア料理でお腹いっぱいになったら

いざ!

ライヴへ!!

バンドメンバー全員それぞれ、ソロでライブをされているくらいの豪華なメンバー

余裕たっぷりで各々楽しんでいて
音がキラキラ✨しています
まちこさん3.jpg


Juraでは
あんなにもピアノの音がはじけて
真知子さんの声も、コロコロ表情が変わってマバタキ厳禁!
まるで、おもちゃ箱からパア〜〜!!と次から次へとおもちゃが飛び出す様なワクワク感!

いつもいつも思います

Pranto de PoetaやFolhas Secasとか、おなじみ過ぎるサンバの名曲を真知子さんが歌うとなぜ
はじめて聴いた時みたいにドキドキするんだろう

O Cantador(このブログで一体何回この動画を貼り付けているのやら…)では


何度も何度もこの動画を見て
CDも繰り返し聴いているし
真知子さんのライヴでだって、何回も目にして耳にしていても
なんでこんなに身体の芯が

し・び・れ・る・の!

曲はもちろんだけれども私は真知子さんの曲紹介も大好きで
Com Que Roupaのレコーディング裏話とか
「そんなことがあったんだ〜」とウキウキするお話や
同じ曲でも、その日によって、歌詞の意味を綴る言葉が微妙に違って
それも一期一会

私は真知子さんのライヴに通い続けてだいぶ経ちますが
初めて見た時から、どんどん磨かれていくMC
今回は特に、爆笑につぐ爆笑の渦

大阪に引っ越されてから磨きがかかったのかな?と思いきや
ピアニストの今井さんが
「ずっと前からこうだった!」とツッコミ
まちこさん1.jpg

何しろ

やり逃げ

言い逃げ

投げっぱなし

あの自由さ
狙った感じが全くなくて、あれが真知子さんのスタンダード
名言(「入り口はブラジルなのに、出口は今井亮太郎」とか、他にもたくさん!)もポンポン飛び出すさまは
マジックを見ているよう

曲も、MCも、一瞬たりとも目が離せない

ああ

ああ

やっぱり真知子さんは、ライヴが最高!

あっという間に、2部構成のライヴが終わってしまって
頭のテッペンから最高!の蒸気を、機関車の様に噴出させてた私は
アンコールで突然始まった
O que é, O que é?

(動画勝手に貼り付けて削除されるかな?)
に思わず「ウソでしょ!」と声が漏れてしまった

大好き過ぎて、表現が間に合わないこの曲
真知子さんチョイスありがとう〜〜〜〜〜〜!!!

鼻血


ぶーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!


最高!

最高!!

最高!!!!


あああ。こんなにも真知子さんにライブに通っているのに
今もって、的確な言葉が見つからない!!

と思って
いったい私はいつから真知子さんのライヴを追っかけているのかと思ったらなんと
2008年から
(ブログ書いててよかった)
真知子さんの歌に惚れ込んではや10年
全く飽きることがありません

いっそ飽きることが出来たのなら
こんなにも心臓がドキドキしないで済むのに!!

O que é, O que é?の歌詞の意味

「人生って何?そんなこと聞かれてもわからないよ

そんなことを聞くより

歌え!

歌え!

歌うんだ!」

そう
人生とはなんぞや?なんて自問する必要はない

絵を描いて、夕方になったらシャワーを浴びて
お気に入りの服に袖を通していそいそと出かけ
おいしいご飯を食べて
心許せる仲間と喋って、笑って、涙して
最高のサンバを聴く

人生って何?

それが私の人生だ!

と、しみじみ思った夜でした
posted by オリド マキ at 12:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする