2018年02月28日

仕事環境を整える

以前から欲しかったBISLEYの小引き出し
お正月に注文したものが、ついに昨日届きました!

時折サイトを眺めては、いつかは欲しい。でも色が決まらないとあたため続け、いく年月
20周年記念の限定カラーを発見し、ドンピシャ胸キュン一目惚れ。購入即決迷いなし!
(あたかも自分が購入した様に書いておりますが、2018年のお年玉ということで、夫がプレゼントしてくれました)


ビフォー.jpg
それまでも、気に入ったマスキングテープ入れや、旅先で購入した愛着のある小物で収納しておりましたが
アフター.jpg

文房具・ラフ用紙・進行中の仕事の書類がこれ1つに収納出来て、机の上がスッキリ美人になりました!ブラボー!

仕事の道具に関して、妥協することなく本当に欲しい物たちで周りを固めようと決心したのは、
値段が安いという理由で買った椅子がきっかけでした

それまで、20代前半に買った無印良品の椅子を使い続けていました
長時間の机作業用に作られた物じゃないから当然、腰も痛くなります。でも致し方なし。
無印椅子.jpg

仕事が立て込んだとき、いいかげんもう少し良い椅子が欲しいと思って、でも、それまで椅子にお金をかけることをした事が無かった私は、そこでもケチってしまい
一瞬座った感覚が良さそうだった。そして安いわりに名前が立派だしって(よく考えたらよく分からない)理由で
あまり熟慮せずに「プレジデントチェアー」を購入
それに座って長時間仕事をしたら、右脚付け根に激痛が走る様になってしまったのです
プレジデントチェア.jpg

今まで良い椅子に座ったこともなければ、また逆に、身体が痛くなる様な相性が悪い椅子に座ったこともなかった私はたまげました

それから、セレブ椅子を使っているイラスト仲間に使い心地を聞いたり、リサーチしていく中で、良い椅子を購入することが結局は仕事のパフォーマンスが上がること
沢山良い絵が描けて、しかし、マッサージ等の身体メンテナンスの出費が抑えられれば、結果的に安上がりであることに気づき(枕でもあるある)、また、適当な値段に妥協して椅子を購入し、身体に合わなかった場合、また椅子を探す労力、検索時間、お金もムダになる

それなら最初から自分にとって最高の椅子をさっさと購入し、椅子にかけていた時間もエネルギーもイラストに注げばいい
そう思って、短期決戦で調べに調べ、アレコレ試し、ついに虎ノ門WORKAHOLICにてSteelcaseというメーカーの椅子に出会い
清水の舞台からバンジージャンプ&切腹の勢いで購入した椅子は、予想を遥かに超える優れもので、1年以上愛用してる今もなお、毎日座る瞬間「ああ。気持ち良い」と思うし、疲れが全然全く違う
スツールケース.jpg

(座り心地良さが微塵も伝わらない画像でくやしい〜)

購入当時は「身の丈に合ってないのかも…」と思った値段でしたが
あっさり仕事で取り戻せたのでありました
なんだ。こんなことならさっさと買っていれば良かったよと

椅子のおかげで、良いものを妥協することなく手に入れることが、イラストのパフォーマンスを上げる最短距離であることを身をもって体験した私は
「なくても最低限困らない(から我慢する)」ことをやめ
「あると最高に気分が良い」へシフトチェンジし
今回のBISLEY購入に至ったのであります

20代はとにかくお金がなかったし、自分にとって何が良いのかも分からない時期だったけど、
「憧れのあれ、いつか買おう」と思っていたっものを(この先20年使うことを考えたら)今買わないで
いつ買うの?
少しずつではありますが、前から欲しかった、いつか買うんだリストに貼り付けて眺めていた物を、手に入れたいと思います
posted by オリド マキ at 09:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする