2018年02月27日

超強力御守りご利益

昨日一通のハガキが届きました
ハガキ.jpg

SNS流行りの昨今、旅先からのハガキをもらうことが少なくなりましたが
手書きの文字はやっぱり良いですね!

文章を読んで、泣けました

差出人は、私が所属するサンバチームを作った人です
その旦那さんも、サポーターとしてチームを支えてくれている大切な人です

私が右も左も分からないまま、このチームに入って今日までサンバが好きでいるのは
このチームの雰囲気がとても良く
さらに、この差出人・ダニエラ達の人柄に惚れ込んだからでした

20代前半の小娘だった私には
仕事もバリバリ、遊びも本気で、お酒を豪快に飲み、旅行を楽しみ、人生を謳歌している先輩達を見て
「私もこんな大人になりたい!」と強く思ったものでした

私が潰瘍性大腸炎になった時も
「ウチの猫を触りにおいで」とご自宅に招待してくれて
夫婦入れ替わりで美味しいご馳走をふるまってくれたりして
出会って20年経ちますが
やっぱり私は「こういう大人になりたい!」という気持ちをずっと変わらず抱いています
自分より年下の友人が落ち込んでいる時
すぐに「ウチにおいで!」と言ってあげられる包容力、人間力、美味しいご飯力
憧れてやみません

早速御礼のメールをすると
「お守りも買ったから、のちほどね」と返事が来ました
けれども私には、このハガキにも十分お守りと同じくらいのご利益が宿っている気がしてなりません
3/1にいよいよ転院する旨主治医と話し合いをするのですが
このハガキもお守りとして持参しようと思っています

この病気になってからというもの、自分では自分のために御守りを買っていませんが
友人・家族から
鎌倉・長谷寺の身代わり鈴
船橋・二宮神社のお守り
東京・増上寺の勝守り
三重県・伊勢神宮でお神楽奉納
長野県・御嶽山でお札をいただき
はるばるオーストラリアから一時帰郷した友人からは
ガネーシャを頂きました
「ご利益あるから!」という力強い言葉とともに

リオ直前には同じタンボリムのミサちゃんが
観音様.jpg

「リオでお腹が痛くなりませんように」と
浅草・浅草寺の観音御守りを送ってくれました
手作りのバッグと共に

そしてダニエラ&ミッチー(旦那さん)からのハガキで振り返ったら
この神様仏様軍団、すごくないですか?!
私にはこれだけ守られてるんだ!
ということに驚きました

そしたら、ふいに
なんだ。これだけのご加護を頂いているのだから
イムラン飲まなくちゃいけなくなっても
例え大腸摘出しなきゃいけなくなったとしても
それはそういう人生だったんだと思おう
という
今までは絶対に何が何でもイムラン回避!
なんて力んでた思いが
嘘の様に消えてなくなりました
そんな風に考えられる自分に、ポカンとするほどです

潰瘍性大腸炎で辛い思いをしたとして
イコール私の人生のすべてが不幸なわけではありません
私はきっと大腸を摘出したとして、なんとなく笑っていられる様な気がしてきたのは
こうして周りの人から幸せな気持ちをたくさん頂いているからです
一人だったらこんな風に軽やかな気持ちになんてとても思えなかったと思います
そう思えることだけで、なんたるご利益!

もちろん自分で出来る限りの努力をしつつ
あとは頂いた御守りやお札の力にお任せして
イムランになろうと、広島スカイクリニックになろうとどちらでも
それが私の全うするべき人生なんだ。これでいいんだという腹が括れました

神様・観音様のパワーがすごいということもあるのでしょうけど
私のために祈ってくれる友人の心が、神様そのものだと思いました
posted by オリド マキ at 10:08| 潰瘍性大腸炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする