2017年12月26日

リオ・デ・ジャネイロ眼鏡問題

来年の2月にリオに行きますので
新たに「2018年リオへの道」のカテゴリーを作りました
リオへの準備のアレコレを記録していきたいと思います

今回リオは、灼熱☆真夏のど真ん中
最近めっきり太陽光が眩しくて仕方ないので
サングラス持っていく?いかない?問題が勃発しました

普段かけているサングラスは大きめで(度入り)だいぶかさ張ります
サングラス.jpg

リオの街を歩く時は、防犯上出来る限り軽装。目指すは手ぶらなので
大きなサングラス+替えのメガネの荷物は避けたいところ

コンタクトは以前お店で薦められた
「業界最高のフィット感」という商品を試したら
つけ心地は最高でしたが、私のドライアイが災いし
フィットし過ぎて、むしろ取れなくなり
メガネ1.jpg

白目ごと引っ張ぱってしまって
毛細血管を引きちぎってしまい白目内で出血し
メガネ2.jpg

それ以来コンタクトは恐ろしくて使用しておりません

もともとコンタクトとの相性が悪いのか、どんなにモイスチャーモイスチャー言うものでもドライドライ返しで
眼精疲労が激しいので
一瞬たりとも見逃すものの無い様
まなこかっぴらいて24時間のリオの旅
コンタクトの選択肢はありません
(ただ、メガネはメガネでカルナバル中の雨deレンズに水滴問題がありますが…)

そんな時
某メガネ男子が今を遡ること20数年前
初めてのリオの旅で1日に2回も強盗に襲われるという
恐ろしい話を聞きました

1回目の強盗で全財産を奪われたメガネ男子は
さっき強盗に遭ったばかりで何も持ってないことを訴えると
セカンド強盗犯は彼のメガネをそっと取って走り去ったそう
恐るべし!窃盗団!

彼はすぐにメガネ屋さんに行き、メガネを新調したそうですが
いかんせん言葉も流暢ではない中でのメガネ作り
視力検査師との意思疎通も上手くいかず
検査師は半ば「そうそう!もう、それで合ってる!合ってる!ハイ!0.7!」みたいな感じで測定して
出来上がったメガネは案の定、まったく度が合ってなかったという(笑←笑っちゃいけないか)

無事に帰ってきて、今幸せに暮らしているからこそ笑い話にもなりますが
メガネ盗まれて、裸眼でカルナバル観戦なんてことは絶対に避けたい!
金子メガネ.jpg

あ、でも私1つしかメガネ持ってなかった!しかもとてもお気に入りの子

そうだ!盗まれてもいい(安い)メガネを作りに行こう!
ついでにサングラス問題は何とかならないかな〜〜〜
と思ってたら

ありました!
(←大声)
紫外線量によって自動的にレンズの色が変化するという魔法の様な
J!NSの「調光レンズ」(5000円)というのが!
ということで早速作ってみました(僅か20分足らず)
メガネビフォー.jpg

これは紫外線が無いところのレンズの色(分かりやすい様に白い紙敷きました)


外を歩きました
太陽に向かって顔を向けるとたちまち
メガネアフター.jpg

色が変化するじゃありませんか!ブラボ〜〜〜〜!!

これで、強盗メガネ対策とサングラス問題一気に解決です!

言うまでもなく
強盗に遭わないことが一番ではありますが
リオでメガネを新調して結果全然度が合わない(笑)という貴重な体験を
ちょっぴり羨ましいと思ってしまう私です


いや、無事にこのメガネと共に帰国します!
posted by オリド マキ at 17:21| 2018年リオへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする