2014年11月04日

イラスト仕事でうだつサンバ

11月最初の連休で
岐阜県美濃市に行ってきました
美濃市といえば「本美濃紙」が、ユネスコ無形文化遺産に登録されるとかで
今まさにうだつが上がりまくりの美濃市!
(なぜうだつがあがるのかは、ぜひ調べてみてくださいね。面白いですよ〜)

しかし今回の目的は
美濃市制施行60周年記念の
ポスター.jpg
夢かなうまち★うだつカーニバルのTシャツデザインのご依頼を頂いて
その完成を見るためでした

Tシャツの胸元に入れる小さなロゴなので
とにかくシンプルなデザインであること
美濃の山々と
そこを流れる長良川
さらに県鳥である雷鳥(or鮎)をとのリクエストで
ラフ.jpg
たくさんラフを描いた中から
一番シンプルなデザインを採用して頂きました
完成を待ちわびてイベント会場に向かうと
ロゴ.jpg
なんと背中にどどんと大きく!!
パレード.jpg
たくさんの人が着て下さってる姿を見て興奮しました!

そしてこの
会場.jpg
うだつカーニバルのオープニングで
オープニング.jpg
ましゅうさんのブロッコQuer Swingar Vem Pra Cáの演奏が終わっての
美濃市市長のご挨拶、サンバの感想が!
市長.jpg
サンバとはまさにこの一言に尽きますよね!!

サンバを好きになればなるほど
「言葉では言い尽くせない」
「どんな表現を使っても全然足りない」ともどかしい気持ちでいたのだけれど
さすが美濃市長!これ以上はないというお言葉をひとことで!

そしてうだつの街並を
300人とか400人規模の
パレード.jpg
大所帯でパレード!
東京・下呂・名古屋、他から皆が美濃市の為にひとつになってサンバをする・・・
なんて素敵なんでしょう
子供達.jpg
美濃市のキッズダンスチームの可愛いこと!

それに
うだつの街並になぜか
ジョージ.jpg
すごくマッチするマランドロのジョージ
お客さんの傘に入ったり軽やかにかわすダンスにまたホレボレ

リオのカルナバルでダンサーとして活躍されている
めぐみさん.jpg
工藤めぐみさんをはじめて生で、しかも間近で拝見して
一瞬たりとも指の先やあらゆる角度が気を抜かない姿が美し過ぎる!!!!
最後にキッズ達と踊る姿の変わらない神々しさ、別格!

途中、雨がどしゃ降りになって
うだつちゃん.jpg
うだつちゃんは困っていても
アゲアゲ.jpg
キッズ達は大盛り上がりで、キレッキレダンス☆
お客さんも誰一人帰ることなく
最後のパフォーマンスまで見ていました

そして
ましゅうさんブロッコの人達の
演奏する時の真摯な姿勢
ググッ☆と集中するその濃度と
ジレトール(指揮者)に挑むかのような真剣勝負なまなざし
他のエスコーラの人の中に混じっていても
このかたは、ましゅうさんの子だなと分かります
なにしろまなざしの熱が違うのです
それは、何度かこのブロッコの演奏を観ているからのひいき目ではないことを
美濃市民(恐らく)の男の子が証明してくれました
サンバって1.jpg

サンバって2.jpg

サンバって3.jpg

サンバって4.jpg

ああ。この去り際のマンガの様なセリフ!
美濃市長しかり
本当に感動した時、人は、言葉少なになるものなのですね!

最後のステージで演奏された「うだつサンバ」も
歌詞がこのうえもなくシンプルなのに
サンバをやっている人ならほとんどの人が
「そうなの!そうなの!」と膝を打つフレーズ

♪幸せをよぶサンバ
みんな輝くサンバ
夢かなう街サンバ

心をひとつにみんなで踊れば
素敵な花がみんなに開き
夢かなうよ きっと

みんな恋するサンバ♪

これを作詞されたのがなんと!
美濃善応寺のご住職というのも驚き!

イベントではサンバだけではなく、フラダンスやヒップホップ、フラメンコなど
美濃市で活動されているパフォーマンスもあり
たくさんの人がこのイベントの為に力を尽くされているのだなと改めて感じました

こんな風に街に貢献出来たり
初めてサンバを目に、耳にする人を魅了出来るように
ますますサンバに真摯に、真剣に、音を大事に練習しようと
改めて誓った帰り道
飛騨牛.jpg
飛騨牛を美味しく頂いて帰りました!

こんな素晴らしいご縁を作って下さった皆様と美濃市に大感謝!
posted by オリド マキ at 22:05| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする