2013年07月18日

ブラジル女性の恋愛論

次のワールドカップやオリンピックがブラジルに決まってからというのも
TVでブラジルを取り上げる機会が多くなりましたね
昨日はアイドルグループのTOKIOが、ブラジル女性と恋愛についてトークする番組がありました
TOKIO11.jpg
と聞かれれば
もっと日本の男性は、恋愛に積極的になって欲しい
スキンシップやキスをたくさんして欲しいと

それに対して、TOKIO男性陣は
「でも、男は傷つきたく無い・・・」
「妄想ならするけれど・・・」と
ブラジル女性の容赦ない意見と血気に尻込みしてモジモジ
そしたら
「妄想でワールドカップに出られるかっ!!」と一喝

サッカーだって恋愛だって、たくさん練習して、いくつもの試合をして
時に勝って喜び
時に負けて反省し、次に活かして強くなり
そうして初めてワールドカップに出られるんだ!と
(オリンピックでなく、ワールドカップに例えるところがさすがブラジル!)

さらに
日本の男性は、仕事が一番大事で
家にいなくても「外で仕事をして稼いでくること=家庭を大事にしていると言ってる」ということに不満を
「でも、そうじゃなくて、私たちは愛が欲しいのよ
90%強気発言の中に、ふと可愛い発言。グッときます
これにはゲストも
TOKIO8.jpg


男性に、出世や収入や、高級レストランでのデートやプレゼントではなく(そういう単語は一度も出てきませんでした)
スキンシップを一番に求めるキュートさや
TOKIO2.jpg
男性のどこを見るかとか、さまざまな価値観の中で
男性陣がお返しとばかりに鋭くつっこむ場面があっても
TOKIO3.jpg
このあっけらかんとしたユーモア!
(それゆえの問題があるとは思いますが)

恥じらいや慎みを重んじる日本とは言っても最近は
女性が強くなりましたし
男性だって、不景気問題や、仕事が忙しくて働くので精一杯
そこまで恋愛に時間や労力をかけられない状況の人もいるでしょう
殿方にもさまざまにご意見あるかと思いますし
ブラジル女性の価値観が全部正しいとは思いませんが
「愛されたい。大事にされたい」という女性の気持ちは、ブラジルも日本も一緒!

しかし先日
20代の若い男の子が
「付き合う相手は、ガラス細工の様に大事に扱う」と言っており
鋼(ハガネ)の様な私は、ガラスの扱いに憧れもしましたが
男性に大事にされたかったら
大事にしたいと思われる女性にならなきゃダメですね

トークの後半には、男性陣も
「俺たち、臆病になり過ぎてたかも・・・」と素直な気持ちを引き出させる
ブラジル女性の恋愛トークの面白さは
世界でもトップクラスではないでしょうか?
ワールドカップ!

おまけ
TOKIO5.jpg
これを言ったこの人↓
TOKIO4.jpg
この番組で
胸毛をして「待ちきれない感じがするでしょ?」発言した人でした!
posted by オリド マキ at 15:21| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする