2019年10月17日

個展が終わりました。

個展5.jpg


個展が終わってもう1ヶ月経ってしまいました。。。
大変遅くなりましたが、個展にお越しくださった皆様
本当にありがとうございました。

個展の期間中はずっと夢の中にいるような時間でした。
ギャラリーに飾った作品たちが、皆様の言葉や視線を浴びて
日に日にキラキラとしていく様に見えました。

私が積み重ねた期間が報われるような、ご褒美を頂いた様な
そんなかけがえの無い時間でした。

お世話になっている編集者さんから
「執念を感じました」という感想を頂くくらい
今回の個展は私にとって、暑苦しい思いがこもっているものでした。

ブラジルとサンバの絵はこれからも描き続けていきます。
お仕事を頂けましたら、喜んで承ります。

ですが
個展という形で、それらをテーマに作品を発表する機会は
今回の個展が最後になります。

ホームページやインスタグラムではサンバの絵を描いて発表し続けます。
決してサンバやリオへの情熱が衰えたわけではありません。
むしろ「個展のために…」や「仕事に繋がるように…」というフィルターをなくして
純粋にリオやサンバを楽しみたいからこその最後です。

そして、以前フランスの本のお仕事で
カメラマンさんが私のイラストを見て
「フランスに行ったことなくてこれだけ描けるのなら、行った後に描くオリドさんのフランスが見たい」
と仰って頂いた時
私もまだ知らない自分の絵を、見てみたい
イラストレーターとして引き出しを増やしたい。
そう思って、ブラジルの個展は
今回をひとつの区切りとさせて頂きます。

新しい私がどの様な絵を描くのか、私自身も楽しみに。。。


ギャラリーの様子
個展4.jpg


個展2.jpg


個展3.jpg
ギャラリーの中から見る外の緑も毎日気持ち良かった。。。

個展外から1.jpg


ああ。。楽しかったな…
個展外から2.jpg


Galerie Malleのオーナーの木川さんは、常に細やかに私を支え、見守り、アドバイスして下さいました。

お越し下さった多くの方が、素敵なギャラリーだと言われていたのは
木川さんのお人柄そのものだと思います。

ありがとうございました。
posted by オリド マキ at 16:15| 個展への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする