2019年09月05日

個展に関するお知らせ

いくら欲張りな私でも
こんなことは想像すらしませんでした。

個展のお知らせをお送りしたらすぐに、中原仁さんから

J-WAVEのSAÚDE!SAUDADE…で個展の案内をしたいと思います
というメールを頂きました

さらに、仁さんのはからいで
「オリドマキが選ぶ1曲」として
サンバを1曲流してくださることに!!(ノ゚□゚)ノ(ノ゚□゚)ノ

「イラストを描く時によく聴いていた曲、
あるいは今回の出展作品の中で、インスピレーションの源になった曲などの中から、
セレクトしていただければと思います。」とのこと

私の想いを乗せて、曲を流して下さるという!
こんな幸せなことが、私の身に起こるなんて。。

選んだ曲は、個展制作期間だけでなく
私がこの曲に出会ってから飽きることなく良く聴く曲です
名曲ゆえ、たくさんの人がライブで歌われ、その度に涙し、ブログに書いてきました

私だけでなく、多くのサンビスタが同じような思いを胸に抱いているであろう1曲です

仁さんのお心遣いや、文面から伝わるあたたかさに
メールのやりとり中、ずっと幸せな気持ちで胸がいっぱい
これからは、この曲を聴くたびに、仁さんの優しさを思い出すことになるでしょう

しかし
こんな幸せを頂くほど、私何かしたかしら?と振り返り
今までサンバの絵を描いてきた、たくさんの時間を思い出しました

描かずにはいられない、湧き上がる衝動に任せて手を動かし
しかし、技術が追いつかず、自分の理想とするのもが生み出せなくてウンウン唸る姿を
サンバの神様はずっと見てくれていて
今回、ご褒美を頂いたような気がします
(仁さんの「仁」は、神様の「神(ジン)」!)


「お仕事でいつかサンバとリオのイラストを…」が私の目標でした

雑誌や書籍の編集さんから、いくどとなく
「ブラジルですか…。楽しそうですね。。。」と、前置きされ
しかし
雑誌で特集するほどには、ブラジルやサンバは需要が無いと断られたことでしょう

「もっと近場で、女の子が行きやすいところは描かないんですか?」
「台湾とか韓国、ハワイなら…」
何度聞いたかしれません

それでも少しずつ、ショーロやサンバのCDジャケット
サンバチームのロゴや、名刺、スタジオの看板、書籍のお仕事を頂くようになり
その度に喜びに舞い上がり

そして、ついに念願叶って
自分の仕事が形になったものを見に、ブラジルへ行くことになった矢先のドクター・ストップ

この時ばかりは
こうでもしなきゃあきらめないのかという、神様からの強制終了かと思いました

だから、今回の個展では
人に何と思われようと、誰にも必要とされなくても、どんなに下手でも
自分が描いてて楽しいもの。自分自身が満足するものだけを
私の長い年月を、お焚き上げする気持ちで描きました

DMの作品は
額.jpg

昨年病気が再発し、リオに行けなくなり
半年以上、サンバの絵が一切描くなって
ようやっと心から描きたいと衝動にかられて描けた
復活の1枚です

そして、そのDMを見て下さった中原仁さんからの
SAÚDE!SAUDADE…のお話

「ラジオで紹介してもらえる〜〜!イエ〜〜〜〜イ!」(←語彙力の無さ…)という気持ちだけではないこと
伝わりますでしょうか?

昨年の今頃
1年前.jpg

サンバの絵が描けなくてfecebookにこんな泣き言を投稿していました
(ご心配をおかけした皆様本当にごめんなさい!)

あきらめないで良かった!と書くと、美しい話になってしまうので

あきらめの悪い女で良かった!
と言った方が正しいでしょうか
例えて言うなら
花沢さん.jpg

想いむくわれなくても、めげずに追いかけ続けているイメージ。。。(来世はかおりちゃん希望)



放送日、9/8はNelson Sargentoのライブがあり、この時間は
多くのサンビスタの皆さんが横浜に集結されているかと思いますが(私は7日に行きます=3)
お時間あります方は
9月8日(日) 17:00〜17:54
ラジオ番組 J-WAVE・SAÚDE!SAUDADE…(サウダージ!サウダージ…)
http://www.j-wave.co.jp/original/saude/
saudesaudade.jpg

ぜひ、お聞き下さい

私はまさに個展の作品を搬入している時間
放送を聴きながら、作品を展示している予定です

どうぞ宜しくお願い致します!

さらに、中原仁さんの6月22日のブログに、Nelson Sargento様が浅草サンバカーニバルに出られたことや
ライヴのリハの様子が追記されています。必読!!
中原仁のCOTIDIANO
posted by オリド マキ at 09:04| 個展への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする