2018年12月26日

クリスマス・伊勢神宮

♪神宮ベ〜ル 神宮ベ〜ル 伊勢神宮〜♪

クリスマスだし

鰹節2.jpg

鰹節が小さくなってきたし(相変わらずの写真の下手さ)
天皇陛下が来年退位されることですし

ということで

伊勢神宮に行ってきました

冬至から、内宮の鳥居の前にどどんと日の出が昇るということで早起きして参拝
伊勢1.jpg

少しでもこの迫力を収めたい!と写真をバチバチ撮るものの
全然まったくその場の空気感が収められず断念

写真ではなくこの眼に焼き付けておかねばとガン見するも
眩しすぎてチカチカ
陽の光が強すぎて、ほとんど眼を開けられずフラフラしながら宇治橋を渡り
伊勢2.jpg

内宮を参拝し
メインイベントの御神楽奉納(写真撮影禁止なのでオフィシャル動画で御神楽の雰囲気をどうぞ→)

夫が、私の病気平癒を祈願するために始めた御神楽奉納

はじめて間近で見る倭舞の美しさと
オリド家は神道なので、雅楽や祝詞の奏上には慣れ親しんでいましたが
祝詞を聞いた時に、身体中にビリビリ走るバリッとした倍音のお声に
ただただ感動したのをきっかけに
伊勢神宮に参拝するなら御神楽を必ず。というほど
御神楽ファンになりました

そして
鰹節.jpg

御神楽を奉納すると、お札をはじめ、神前に捧げたお神酒や、昆布、お箸、鰹節を頂けるのですが

その鰹節

これが、とっても美味しいのです!(アタリマエカー)

正直それまでは、ニンベンの鰹節パックを使っていたし
削り器なんて持ってないものだから
「これで毎回削るの面倒くさいかも…」と、大変罰当たりなことを思っていました
しかし、重い腰をあげて削り器買って、いざスッコスッコと削ってみたら
その香りの高さにノックアウト!!
燻した香りの濃さがたまらない!!
毎回の削る手間?
そんなの全然苦痛じゃなかった!(フダンドンダケズボラナノカー)

そしてだんだんと小さくなる鰹節を眺め
こんなに美味しいのだし
せっかく削り器も買ったのだから、1回でお払い箱になるのは勿体無いと貧乏性発動

しかし

よく考えたら
旅費含めると
超絶御セレブな鰹節だったよ!

これで新年のお雑煮も美味しくいただこうと思います
posted by オリド マキ at 20:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月18日

プラッサオンゼの椅子に立つ・Live Quer swinger!? Vem pra cá!!!vol1@PRAÇA11

今年も残すところあと半月の12/15
Live Quer swinger!? Vem pra cá!!!vol1@プラッサオンゼに行ってきました

早めに予約をしたので入れましたが、なんとこのライブ
満員札止め!キャンセル待ち多数!とのお知らせが!

始まりから、オールスタンディングのぎゅうぎゅう詰めらしいので
早めにサンバ仲間と集合して、端を縁取る(?)ソファー席を陣取りました
瞬く間に人でごった返しになり、なんと私のプラッサ史上初!靴を脱いでソファー席に立ち上がる事態に

しか〜〜〜し!ソファーに乗っても
見えない.jpg


辛うじて、一瞬ゲーリーさん
その奥にカバコの大ちゃん
人の頭の隙間に覗いては消える宮地くん
一瞬一瞬のチラリズムしか
見えない!!笑
尾花さんどこですか〜〜〜〜!
ブロッコのみなさ〜〜〜ん!
ましゅうさんどこにおわしますか〜〜〜〜!


そして始まったライブは
Aquarela do BrasilやTristezaなど
ライブでいったらアンコールのド・定番曲をのっけから飛ばし
ゲーリーさんが歌うサンバの1時間はあっという間
からの
ダミオンが歌う2ndステージ
ダミオンのスルドが
ダミオンのクィーカが

しびれる!!!💕💕💕💕

隣のダニエラも「すごい。ダミオン、すごい〜」と2人で身悶え
この音をずっとずっと聴いていたい〜〜〜!
(ライヴでやって下さった曲の動画を見つけました→⭐︎)
弦やキーがあるわけでも無い、ただ、ただ、木の棒一本のみで、この音程を演奏するんです!
まるで、歌っているかのよう〜〜〜!あ、歌っているのか。ああ。言いたいことがどうか伝わりますように!(語彙力問題)

3rdステージは、ブロッコでも歌われているマルキーニョスさん

ブロッコのステージでは、彼がMCで喋るところを私は聞いたことが無いのですが
トークが面白くって、笑ってニコニコしっぱなし
こんなキュートなお方だったとは。こういうことを知れるのもライブならでは

Mestre Trambiqueに捧げる曲を演奏される時、まっすぐ天を指差してMestreの名前を呼んだ時
当たり前に、ごく普通に「ああ。いらっしゃるな〜」と感じました
彼が日本に来られて、この場で演奏されたことも大きいですが
彼の魂を引き継いでいる、彼にとっては子供同然の皆さんの演奏を、彼が見ていないわけはありません
きっと笑顔で、喜んでおられるでしょう

しかし、3時間を超えるライブで叩きっぱなしなのに最後までずっと疲れた顔一つ見せないブロッコの皆さん
あの細腕の一体どこからあの持久力が出てくるのか。。。
練習の賜物なのでしょうけれど、あの涼しいお顔、、、かっこよすぎる
なのに
見えない.jpg

のだけが残念!
posted by オリド マキ at 17:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

棒灸にメロメロ

あっという間に12月も半ば。今年も残すところあと少しになりました

異例のポカポカ陽気になったかと思えば、一転、寒波が襲ってきて、寒暖の差が激しいこの頃

養生したいものですね

私は、自分で毎日やる気功と、先生にお任せする医療気功、漢方茶にプラスして
棒灸を取り入れ、日々身体を温めています

医療気功にお世話になって始めての冬を迎えます
おかげ様で、会う人会う人皆さまに
「とっても元気そうだね」と言って頂ける様になりました

いくら体調が良くなり、今は病であったことを忘れる日々であっても
昨年もそんな絶好調からの、調子に乗りまくって、羽目を外して再燃した教訓を胸に
どんなに元気でも、無理しない。プラス、元気であっても大人しくしていなさいと言われています
医療気功を始めてこの一年間が、とにもかくにも病気が治る・治らないを左右する、とても大事な時間なのだそう

元気であればコマゴマアレコレ動きたくなる性分にとっては
「おとなしくする」というのはとっても難しく、早くも来年に向けてのアレコレ(後ほどお知らせします)に向けて
出来ることをやろうとしてしまいたくなるので、そこをグッと堪えるのが難しい

また、鈍いのでしょうか。疲れていることに気づきにくいのか
ついついハードワークになりそうな時は
かつて仕事でアフリカの某国に行っていた友人がぼやいていた
「イギリス人が奴隷にしようとしても諦めたくらい、この地の人は働かない。
今日出来ることは、3日後もやらないという気質」という言葉を思い出すようにし
この冬は冬眠よろしく、3日後もやらない(ムリー!笑)精神で、めでたく健康に春を迎えたいと思います

さて棒灸

北京に行って、その気持ちよさはブログにも書きました
うっとりする、じんわりとした温かさ。あれを自宅でも出来ないだろうかと思っていましたら
医療気功の先生が北京より仕入れていらしたので、早速購入しました

棒灸1.jpg
形はこんな感じ

棒灸2.jpg
蓋に、棒灸をセットし

棒灸3.jpg
点火

棒灸4.jpg
火がつきました

棒灸5.jpg
その蓋を本体に入れて

棒灸6.jpg
しっかりセット

棒灸7.jpg
底にシールを貼り付けて出来上がり

これをお腹や腰に乗せます(手でも足でもどこでもOK)

シールのおかげで固定されるし、何より蓋をスライドさせれば火力も調整出来るという優れもの!
途中でやめたくなったら、通気口を閉めれば火は消えるので
続きはまた後日ということも可能

なんという発明品!(しかし私はあまりの気持ち良さに毎回きっちり1回で使い切ります)

しかしその効果は
お灸が終わった後にこそ発揮されます
お灸が終わっても、ずっとお腹や腰がじんじんと温かいのです
まるで、ずっとお灸を続けているかのよう
これが、、、この冬の寒さの中でよりいっそう際立つ心地よさ!
ホッカイロですと、外からの温かさですが
お灸はお腹の中が温かい!
というか、とにかくもう
気持ちいい
棒灸.jpg

気持ち良くて健康になれる
私はすっかり棒灸中毒です
posted by オリド マキ at 20:34| 潰瘍性大腸炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする