2018年10月31日

北京で漢方

北京で漢方を処方してもらいました
行知堂 3.jpg

行知堂でお世話になったのは、代々続く漢方医の名家に生まれて8代目のK先生
恵まれた環境に甘んじることなく、常に研究と勉強を怠らず、姿勢は謙虚
技術だけでなく、お人柄も素晴らしいという評判を事前に聞きましたが
一目お会いした瞬間伝わりました
彼を見て「この人性格悪そう」って判断する人
おそらく
いないでしょう

そう思うに十分なほど、誠実さと、謙虚さと、勤勉さが、伝わってくる感じ
日本だったら、さぞかしおモテになられるでしょう(実際、日本でもK先生のファンはたくさんいらっしゃるそうです)

穏やかで、ゆったりとして、静かな声で
「腕をこちらへ」
「脈を測ります」
(合ってるか分からないけど、そんなようなことを)言われ
脈をじっくり測ります
脈診.jpg


脈診.jpg

静かに、しかし集中して脈を読み取る先生の真剣な眼差し
これだけで、ハートを根こそぎ持って行かれるご婦人方、きっと多いに違いない!

そして舌診をして先生が診断を紙に書き込んだことは

「胃と腸が弱い」
「腎臓も弱い」
「(性格は)明るいけど、気が弱い」
「乳腺にしこりが出来やすい」
ということでした

性格のことまで、、、どころか
乳腺は確かに去年の検診で良性のしこりが見つかりました
そんなことまで脈と舌で分かっちゃうなんて!

そして、手に鍼を打ってもらい
鍼.jpg


処方箋.jpg

漢方を処方してもらって、帰国の途につきました

帰国して翌日から5日間の漢方がスタート
漢方.jpg

中を開けると
漢方中身.jpg

明らかに「木の枝」らしいもの、四角く固めた石灰らしきもの
サルノコシカケ(?)みたいなもの、取り敢えず、普段は絶対口にしないようなものがゴッソリ

先ず「先煎」と書いてあった袋を取り出し
こちらを20分煎じて

残りを投入してさらに30分

出来上がった漢方は薄いコーヒーの様な茶色

煎じるタイプの漢方でよく言われる「部屋中が漢方臭い」ということは一切ありません


本物の漢方は、長期間服用するものではありません
本当の漢方は、5〜7日で、きちんと効果が出るもので
7日経っても効果が無い場合は、処方した生薬のどれかが合っていないということ

そもそも
胃と腸が弱い。にプラスして
腎臓が弱くて
乳腺にしこりが出来やすく
右の肩がこっていて
気が弱い
これと全く同じ症状の人は、もしかしたらいるかもしれませんが、個別の症状の重さの割合は人それぞれ
全く同じ状態の人がいない様に
漢方の処方は100人いたら100通りあるそうな

だから、8代続いた名家であっても、ご自身の経験と知識が豊富であっても
毎日勉強と研究が欠かせないのだそうです

漢方を飲む前は
潰瘍性大腸炎寛解時でも、大豆の薄皮はダメでした
辛いものは当然NG。ごぼう等の荒繊維もダメです

ですが、漢方飲み終わって翌日
あまりに体調が良いので、大好きな南国酒家の麻婆豆腐を食べてみました
翌朝
平気です

納豆食べてみました
全然OKです

ごぼう
何ともありません!

潰瘍性大腸炎になる前は、何1つ食材を気にすることなく
食べたいものを食べたい時食べたいだけ食べていました
好き嫌いが無いので、荒繊維だろうが、何だろうがモリモリ食べて
しまいには、賞味期限切れで固まりかけの牛乳をシチューに入れて食べてしまったこともあります(ほんとバカ)

そのありがたみを自覚することが無いくらい
何でも食べられることが当たり前だったから
自信があったからそれだけに
潰瘍性大腸炎は私にとって、鼻っ柱をヘシ折られた感がありました

あんなに丈夫だったのに
寛解してても、まだ納豆はダメなのか、、、
もうあの頃には戻れないのか、、、

大雑把でズボラ体質の私には、食材を気にしながらご飯を食べるというのは、とにかく面倒くさい
(たかが豆類の薄皮・辛いもの・ごぼうだけでも!!)

と思ってたら

潰瘍性大腸炎になる前の大腸ちゃんが、再び戻ってきてくれたようです!!!
涙涙涙〜〜〜〜

納豆解禁!

枝豆も、もういちいち一粒ずつ薄皮剥いだりしなくてもいい!

きんぴらごぼう山盛り食べてやるう!!

今まで沢山の漢方を試してきました
有名な漢方医のところにも行きましたが
どれもこんなに即効性のあったものはなく、逆に体調が悪くなるばかりで
納得出来ずに挫折したこと数知れずです

K先生、何者!?
っていうか、行知堂の漢方
どんだけ!!??

病気知らずだった頃の身体を再び取り戻せることは、もちろん信じていました

「いつか。
 必ず。
 絶対に」

その「いつか」が
こんなに早く来るなんて!
その回復のスピードに、今、気持ちがついていかず
「油断するな。これは夢かもしれない。油断してはいけない」と慎重になる自分がいます

ここでいつも、調子に乗って、振り出しに戻るとか、時にはマイナスになってしまうことがあるお調子者の性格も
さすがに4年の歳月を経て、少しは大人になったのでしょうか

どうかこれが夢ではありませんように

っていうか、本物の漢方は
すごすぎる!!!!

え?
漢方の味ですか?
こんな感じです
漢方の味.jpg
posted by オリド マキ at 18:15| 潰瘍性大腸炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする