2018年05月18日

潰瘍性大腸炎を自力で治す!〜医療気功2回目〜

2回目の医療気功を受けました

2回目は骨盤に指を置かれた直後から、足がポカポカ手がジワジワ腰はシュワシュワ
何か(気なんでしょうね)出てるんだか入っているんだかとにかく何かを感じます

初回では一切喋らなかった先生が
こんなに邪気が出ていたら、分かるでしょ?」と

*「邪気」とは、身体に悪いものや健康を阻害するものの総称で
外から受けるもの「風・火・暑・燥・寒」や
内から発生するもの「怒・喜・思・憂・悲・恐・驚」を言います
これらは決して悪いものではなく
身体に過剰に溜まった場合に問題が起こるというのが東洋医学の考えかたです
邪気のバランスを取り、調和することによって、身体が健康な状態になる
それが医療気功です


「はい。指先が…」「腰は…」と今感じている身体の反応を話したら
先生、とたんに上機嫌

そこから先生の独壇場がはじまり
気・呼吸法・宇宙・エネルギー・素粒子・量子力学
古代エジプト・古代ローマ・古代中国・トランプ政権・核保有の是非に至るまで
話が猛スピードでボンボン繰り出され
私はついていくのに必死!
政治の話が出た時には、うっかりヘタなことを言って日中友好にヒビが入ってはいけません
相槌もいいかげんでは見破られてしまうと身構えて
首・肩に緊張が走るのが、手に取る様にわかります

そんなわけで
決して、リラクゼーションをうたっている治療院ではありませんが
全くもってリラックス出来ませんでした

とはいえ、最後には
「これだけ邪気が出たから、あなたの病気、必ず良くなる
と、太鼓判を押しもらえました!やった〜〜〜

骨盤に指を置かれ、ただひたすらうつ伏せに寝ていた50分なのに
みるみる身体がポカポカして
ベッドから起き上がった私の胸の谷間や背中から、汗がしたたり落ちたこの身体の反応
気功2回目.jpg

本当に
本当に
身体に良い様に作用していると思いたいです!!

そして

好転反応として、明日からお腹が痛くなったり、お通じがゆるくなったりするかもしれない
けれど
耐エラレナイ痛ミジャナイ
と言われ(怖!)
ど・・・どげな痛みじゃろうか・・・と恐々しつつも
気功2回目帰り道.jpg
あまり物事を深く考えられませんでした

翌日は
先生の言われた通りお腹が時々痛くなりましたが
明らかに潰瘍性大腸炎の時や、食あたりとは違う感覚
そして、お腹もキッチリゆるくなりました
それに加えて猛烈なだるさが出たので
寝込むらさん
決めこみました
気功二回目3.jpg

「好転反応は病気じゃない」とか「これは再燃じゃない」とか言って頑張ろうなど思う余裕もないほどに暴力的なだるさでした


3日目にしてやっと、好転反応が落ち着いてきたのでブログが書ける様になりましたが
これほど悪いものが出るということは、再燃の火種をこれだけ抱えていたということ
知らないでそのままでいたら、本当にちょっとしたことがきっかけでこの火種が燃えて
すぐに再燃してしまうことに、心底「ゾッ」としました
好転反応も出し切って、良い気を身体に充満させたら、一体どんなパワフルな私になるのでしょうか
(再燃さえしなければ良いので、パワフルまでは欲張りませんが)

今夜は「遠隔」で気功を(会員になると12回無料で受けられる特典)
そして来週の気功3回目はどんな反応になるのか
ワクワクして、受けてきます!
posted by オリド マキ at 15:19| 潰瘍性大腸炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

潰瘍性大腸炎を自力で治す!〜医療気功〜

自力で免疫力アップキャンペーンということでアレコレ調べていたところ
カナダ在住の潰瘍性大腸炎の女性が、カナダで医療気功というものをやって
潰瘍性大腸炎が治ったというブログを拝読し
医療気功」とはなんぞや?と調べました

太極拳を少しだけ習っていたので、準備運動として気功はやったことがあるものの
自分から気が出ている感覚がついぞハッキリとは掴めぬ(気が出てると思いたい。。止まりの)まま辞めてしまったので
気功で病気が治るなんて、怪しいと思っていました

「医療気功」で調べると
「みるみる腫瘍マーカーが下がった」だの「難病が治った」だの
事実だとしたら逆にもったい無いほどの胡散くさくて怪しいうたい文句が連なるサイトもあって
怪しい…目に見えないものだけに、ますます怪しいと思いつつ
調べまくって、院長先生のブログも遡って読破して
ここなら行ってみても良いかな?という治療院を三軒茶屋に発見

早速予約を取って行ってみました

サイトには、病歴や診断書・服用している薬の詳細などを持参する様、明記してあったので
潰瘍性大腸炎のこれまでの治療を文章にまとめて持って行きました

雑居ビルの一室にあるその治療院は
スタイルが良くて、お肌がツルツルで、ふんわりと優しい雰囲気の受付美女に
「この美しさが医療気功のたまものなら、なんたる説得力」とうっとりと眺めるのもつかの間
先生は、私の病歴書を読むなり
ステロイドは寿命を縮める!
大量静注投与は、生きるか死ぬかの場合じゃないとしない!

何か恨みでもあるかの様な強い口調でステロイド批判をしました
中国人特有の、激しい口調と片言日本語なのと
特に目立った依存にもならず、副作用も少なくあっという間に寛解出来たので感謝しているとはいえ
私だって、決して喜んでステロイド点滴や服薬をしたわけではないのにそんな言い方はないじゃないかと
私にとってはその口調がとてもキツく感じました
自分の専門外のことを悪く言う人に対して私はあまり良い印象を持てません
ステロイドをそんなに悪しざまに言うのであれば、そのお得意の医療気功とやらで私の病を根治してもらおうじゃないの!
こっちだって、だてに西洋医学で寛解してないわよ!
という
なんだかよく分からない闘志が湧いてきました

そして
「初回は、身体に溜まったステロイドや毒素を排出し、2回目から本格的な潰瘍性大腸炎の治療に入る」と説明されて
うつ伏せから、施術スタート

施術と言っても、気功なので
骨盤にある大腸のツボを軽く指で触れて15分くらいそのまま
先生の指は全く動かないのに、たちまち身体の中がシュワシュワ言い始めました
造影剤CTスキャンを体験したこのある方ならお分かり頂けると思いますが
造影剤を点滴で注入した時に、身体がシュワ〜〜〜と温かくなる感じ
あれに似ています

肝心の大腸はウンともスンとも言いませんが
頭や手足、背中がボワ〜〜っと温かくなっていきます
気功1.jpg

ですが私も、色々アチコチ整体とかマッサージ行ってますので
この程度なら経験済みですから驚きません

しかし
ほどなくして首に手を当てられた時
自分の指に、柔らかいコブが出ては引っ込むをポコポコ繰り返すみたいな感覚があって
赤い血管と青い血管がポコポコ動いている絵が頭に浮かび
くすぐったくて面白くてあやうく笑いそうになりました
気功2.jpg


その後、仰向けになって、お腹に手を当てられましたがそれも気持ちよく
お昼を食べたばかりなのにお腹が空いてきた〜と思ったとことろで施術終了

驚いたのが
起き上がって、鏡で顔を見たら
ステロイドをはじめて点滴で打たれた時と同じ様に、顔が赤くなっていたことです
顔が火照ってるな〜と思いましたが、まさかこれほどとは!
気功3.jpg

漢方茶を頂きながら、今日明日で出る反応や
これからの私の治療間隔などを説明され
概ね半年で、身体が良くなると言われました

潰瘍性大腸炎になってから今までと、これから再発に怯える年月を考えたら
半年で治るなんて…短いじゃありませんか!

と、いうことで次回の予約も取りました
まだ少し怪しいとは思いますが、この身体の反応を信じて
先生を信じて、半年通ってみようと思います

家に帰ってからは、毒素排出を促すために白湯をたくさん飲んでくださいと言われたのですが
とにかくお腹が空いて空いてしかたなく
白湯そっちのけで、ご飯をたくさん食べてしまいました。キケン!(太っても医療気功のせい。笑)


ちなみに、こちらの治療院では
猫・犬も治療されているそうで、猫のツボ見本もありました
猫ツボ.jpg

ブログには、犬・猫ちゃんがうっとりと施術を受けている写真もアップされています
posted by オリド マキ at 17:16| 潰瘍性大腸炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

潰瘍性大腸炎を自力で治す!〜アーユルヴェーダカフェ〜

潰瘍性大腸炎を自力で治すにあたり色々調べて
スリランカのアーユルヴェーダの施設を見つけました

いわゆる日本でイメージされる、リラクゼーション的なものとは違い
医師の診断のもとに処方される食事と治療(薬も有り)、オプションでヨガや瞑想などを選べる施設です
いつか行ってみたいと思いますが
スパイスの素晴らしい効能を読んでいるだけでもう
スリランカ料理が食べたくて、いてもたってもいられなくなりました

そうして調べてみたらあらビックリ
お隣駅の蒲田徒歩1分に、スリランカ料理屋さんがあるじゃないですか!

ということで早速行ってみました
アーユルヴェーダ・カフェ ディデアン

駅のホームから見えるアーヴェストホテルの1Fにあるお店は
いわゆる普通のビジネスホテルの朝食ビュッフェがあるカフェそのものなので
「THE!スリランカ!」的な雰囲気ではありませんが
店内のTVでは、スリランカの茶畑で働く人々が丁寧に紹介されていたり
テーブルに敷かれているアーユルヴェーダとはどんなものかを紹介しているその文章は
説明.jpg

アーユルヴェーダ愛に溢れているのがヒシヒシと伝わります

ランチは、お粥セットなど色々ありますが
私は、セルフワンプレートランチをチョイス(ほとんどの人がそれを選んでいました)

スリランカと日本では気候が異なるため、日本の季節変動を留意し
スリランカのアーユルヴェーダ医師(Dr.ティラーニ氏)が考案した
どの体質にもお勧めできる素材を組み合わせたカレーと付け合わせが並んでいて
それを好きなだけお皿に乗せることが出来ます(1回だけ)
ワンプレート.jpg

私は、豆のカレー・かぼちゃのカレー・さつまいも・にんじん・ケールの和え物・ジャガイモの和え物・パパダム(塩味のついた薄いおせんべいの様なもの)・キャベツとクミンの和え物・ココナッツのふりかけをチョイス
(他にも玉ねぎの辛いマリネや、唐辛子のふりかけがありましたが、辛いものはUC的にNGなので私は選びませんでした)

画像上の丸い揚げ物(マグロのカツ)と、右上の別ボウルにあるチキンカレーは
出来立てを持ってきてくれます

付け合わせの味付けは、それ1つ1つで味わうと
よく言えば「優しい」
悪く言えば「物足りない」ものですが
これらはそもそも単体で食べるのではなく
このお皿にあるご飯もおかずも全部思いっきり混ぜて
渾然一体となって始めて完成するお料理

先ずそれぞれを味見してから一気にかき混ぜて食べてみたら

この奥深さ・・・
宇宙!

カレーは全く辛く無いけれど
スパイスがふんだんに使われていて美味しい
スパイスによってかぼちゃの甘さがより引き立って
いくらでも食べられそう
辛いものNGの潰瘍性大腸炎にとって、辛くないのにスパイスが効いてて美味しいカレーは
夢のようです

そして
マグロのカツの味の奥深さ(色々なスパイスが入っていると思われます)に驚き
小さなサイズでも、味の複雑さに大満足(でもおかわりしたい美味しさ)

別盛りのチキンカレーが辛くても、お皿乗せて混ぜてしまえば辛さが和らぐし
全体の味わいがより深まります

初回だから、どれ位よそったらいいのか迷って
ちょっぴり控えめにしたのが後悔で
「次は豆のカレーをもう少し多めに…」とか
「ケールをもっと大胆にいってみたい…」と、次回の「盛り具合」をシュミレーション
そうこうしていると
デザートが到着(コーヒーor紅茶が選べます)
デザート.jpg

セモリナ粉とターメリックのケーキ・ヨーグルトにキトゥルハニー(クジャク椰子の花蜜)かけ・キウィ・パイナップル・紅茶

この、ターメリックのケーキが予想を超えて美味しかった!

お腹いっぱいになったけど、全く胃もたれ無し(消化も早かった)
大満足だけど名残惜しくて
またすぐ来ると思いますが
キトゥルハニーと、アーユルヴェーダ茶をお買い上げ
お土産.jpg

キトゥルハニーは、動脈壁・肝臓の脂肪蓄積を防ぎ、抜け毛防止に効果があるイノシトールが豊富なのだそう
特にそれらの問題を抱えているわけでは無いのですが
濃厚な自然の甘みがとても美味しくて、毎朝のバナナにひとたらし
常備菜のニンジンのラペのドレッシングに使ったりと、大活躍

アーユルヴェーダ茶は、香りに独特のクセがありますが
そのクセが、文字どおりクセになり
毎日美味しく頂いています

身体に良いと言われても、美味しくなければ続かないし
自分の舌が美味しいと思うものが、本当に自分の身体が求めているものだと思います
味覚を研ぎ澄まして、自分の身体が喜ぶものを食べていきたい

きっと
キトゥルハニーやアーユルヴェーダ茶が底をつく前に
また行く(通う)ことになりそうです

病気じゃなくても通いたいお店が
またひとつ増えました


posted by オリド マキ at 14:44| 潰瘍性大腸炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

我乳糖不耐症也

千葉大学柏の葉診療所にはじめて受診した日
私の体調は熱っぽかったし
女性週間もあって、お腹はゆるくなりがちだったので
漢方を飲み始めてすぐに下痢と出血が出ても
原因が特定できませんでした

「漢方のせいではないかもしれませんが〜」と前置きしつつ
診療所に電話をしたら、漢方即中断
そして診察に行きました

過去にこことかここで漢方を処方してもらったけど、余計に悪化する時があって長続きしなかったことを話しました
すると突然先生

「もしかして、乳製品ダメですか?

いきなり何を?と思いましたが
「牛乳は大嫌いで、牛乳単体では飲めません。ヨーグルトも好きではなく、R1などの高機能ヨーグルトはしぶり腹になります。
でも、チーズは大好きです」
と言ったら
「ああ。じゃあ、間違いなく乳糖不耐症でしょう」ですと!

漢方には、生薬とエキス剤の2種類があり
乳糖.jpg

こういうエキス剤には、添加物として乳糖が入っているため
乳糖不耐症の人は漢方の成分そのものではなく、乳糖が入っているエキス剤が合わないそう

1種類の漢方が合わなかったら、漢方の成分のアレルギーや体質に合わなかったということだろうけど
五苓散や桂枝湯や啓脾湯など、成分が異なるもの全てに効果がないばかりか
下痢を治す成分で下痢になるというのは間違いなく乳糖不耐症の症状でしょう
とのこと

漢方は基本、合わない人はいないと言われていて(ネット調べ)
何で私は複数試して、軒並みダメなんだろう?何がいけないんだろう?と思っていました

最初のクリニックでも、次のサナトリウムでも
テツ&トモばりに「なんでだろう〜〜〜?」を繰り返し
そしてここに来てまた合わなくて、このモヤモヤ3連発を抱えた私に
この明確な答え
超(腸)スッキリした〜〜〜〜〜!
(※チーズは熟成段階で乳糖が分解されるので、影響が無いそう。同じくヤクルトも)

エキス剤がダメとはいえ、生薬を煎じるのは結構手間がかかり、金額もエキス剤よりかなり高額のため
生薬はなかなかすぐ手が出せません
なので先生と話し合い
今は漢方無しで、自力で体調を整え
出血したら即、青黛を処方(青黛は成分が単体のため、乳糖不使用なので私も試せます)
青黛でも治らなかったらKO病院or元の横浜の病院へ
という
私が、願って願ってやまなかった治療方針が
現実のものとなりました!やった〜〜〜〜〜!!
でもそれは、診療所の先生のご理解があってのことです

5/26に再度(アザニン飲むかどうするかの返事をするため)KO病院を受診するのですが
その時に、この診療所を受診していることをきちんと説明すること
そして青黛が効かなかった場合、KOでアザニンを処方してもらえるかを聞いてくることを
診療所の先生と話し合った時

KO大学の金井教授は青黛に理解があり
大変素晴らしい教授であること
また、横浜の私の主治医のこともご存知だった様で
勉強熱心な先生だと嬉しそうに言われました

私がお世話になった先生が、良く言われることがとても嬉しいし
そう言える柏の葉診療所の先生もまた
素晴らしい先生だと思いました

人の悪口を言うと、悪口を言われた人ではなく
悪口を言った人の印象が悪くなるのと同じで
人を褒めると、その褒められた人より
褒めている人の方が印象が良くなるのですね

そして、KOに行く時も
横浜の病院に戻った時でも
この診療所にかかっていることと、私の名前を出して構いません
そして
再燃して青黛を希望する時は
予約で埋まってても、優先的に時間を取りますから
と言っていただきました

横浜の病院を離れてからずっと
私、この安心感が欲しかったんだ。。。
と心に大きな支えが出来たのを感じました

まだ2回しか診察を受けていませんが
気配り.jpg

私はこの先生が大好きになりました
気配り3.jpg



ということでめでたく私
薬なしで、自力で自己免疫力と自己治癒力を高めんがため
さらなる治療法を見つけました(行動の早さだけが自慢)
そのルポはのちほど!
posted by オリド マキ at 19:01| 潰瘍性大腸炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする