2017年04月24日

ありがとうセツ・モードセミナー

私がイラストレーターという道を知り
その道を歩むきっかけになった母校
セツ・モードセミナーが閉校する知らせを受け
現在イラストレーターとして活躍する同期の2人と一緒に母校を訪ねてきました

久しぶりに訪ねた校舎は
校舎.jpg

通っていた時と全く変わりなく
生徒の絵が飾られているフロアも
ロビー.jpg

教室に向かう階段から見える中庭の草花も
中庭.jpg

セツ先生の張り紙も
カフェ.jpg

あの時のまま

楽しかった思い出と同じくらいに
絵が確立出来ていない、どういう方向でいけばいいのか定まらない
早く「これだ!」という手応えが欲しい
若さゆえの勢いと強気
それに反する自信のなさが交差して
苦しかったのを思い出します

また絵を習うということも新鮮でいいかな・・・という思いが浮んだ刹那
あの苦しみは、二度と味わいたく無いとも思うのです

私がセツ・モードセミナーを知ったのは
当時、人生の深いどん底にいた私を心配してくれた勤め先の先輩が
仕事が終わると毎晩、晩ご飯を食べに連れて行ってくれたからでした

その日も、たまたま入ったお店のカウンターに飾られた絵に目が止まり
それを描いたお店の人が「セツに通っているの」と教えてくれたことがきっかけでした

あの頃は、ネットも携帯も無かったし
大型書店など近所に無く、アート関係の本を手にしたことも無く
そもそもイラストレーターという職業があることすら知らなかった田舎娘だったので
どうやって入学案内を取り寄せられたのか思い出せません

その後
入学してから、既にイラストレーターとして活躍している子と知り合ってはじめて
イラストレーターという職業があることを知り
今の私がいます

もし、セツに通わずともイラストレーターの道を知り、その道を目指したとしても
一緒に目指す仲間がいなかったら
とっくの昔に挫けていたでしょう

絵は全然上手じゃないし
イラストレーターに必要なオシャレなセンスや
「荒削りだけど光るもの」(←憧れ)など皆無というかそれ以前に
美術の授業以外で、まともに絵を1枚完成させたことすらない
(本当に絵が好きなのか・・・?)
コツコツ何かを積み重ねることが一番苦手な私が
こうして仕事としてやれているのは
隣で、同じ道を進む仲間がいたからです

一緒に校舎を訪ねた、同期の一人は
友人からセツを教えてもらい、その友人と一緒に抽選に行ったのに
友人は落ちて、彼女だけ受かったと言い
もう一人は何回も抽選で落ちて、あの時やっと入れたという

努力とか、絵の上手い下手でなく
運だけで入学出来るこの学校に
同じタイミングでセツに入学出来たことが何より自分の幸運だったと
今しみじみ思います

そして
毎晩毎晩、仕事帰りにご飯に連れていってくれて
帰りの方向も違うのに、毎日欠かさず家の前まで車で送ってくれた青木先輩がいてくれなかったら
私はセツに出会うこと自体、なかったのです
今はもう会うことは無く
一緒に働いていた時間はたったの1年足らずだったというのに
自分の人生をガラリと変えてくれた人がいることを
忘れてはいけない

校舎を後にして
3人が、話す内容は
研磨され、経験を重ねたからこその深みが出てきたものの
20年前とほぼ変わらず
好きなことを、自分の信じる道を自由に、楽しんで進んでいこう!というものでした

何者にもなれていないからこその、白紙の自由と
経験を重ねたからこそ選択出来る自由
今、後者である自分と
セツに入れたことが、どれだけ運が良かったかを
その強運を持っていることを
幸せに思います

セツ・モードセミナーと
当時支えてくれた人と
あの時からずっと今も変わらず近くにいて、切磋琢磨出来る仲間に
ありがとう

思い出.jpg
posted by オリド マキ at 12:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

再燃・リーチ

それは突然やってきた

おやすみなさい。とベッドに入ったその刹那、襲ってきた猛烈な
寒気!

炭酸水の様に身体の中からジワジワ湧いてくる寒気があっという間に
身体が勝手にブルブルし過ぎてまるで何かの発作のよう
ブルブル.jpg

歴代の風邪&インフルエンザによる寒気とは、まったくもって比べものにならない!

震えが痙攣レベルなので、腸が硬直しているのが手にとる様に伝わる。これはいけない
歯もガタガタ言いすぎて、しまいには可笑しくて思わず「フフッ」笑う女
はたから見たらどんだけ怖いでしょうかと

隣で寝ていた夫が恐怖のあまり
飛び起きて「救急車呼ぼう!」と青ざめる

いやしかし
極寒の中に裸でいるような猛烈な寒気に今救急車って正直

超面倒くさい(バチあたり)

とにかく寒気を何とかするために、お風呂に入る
追い焚き追焚き繰り返し、気付いたら設定温度47度にしても
まだぬるい。
まったく寒気がおさまらないので諦めて、電気毛布と湯たんぽのダブル使いでしのいでみることに
それでもまだまだ寒い震えが止まらNight!

私の布団に手を入れて
「これじゃ火傷しちゃうよ!」と心配する夫を横目にひたすら震える。震える。西野カナ
しばらくして、熱がボーボー上がってきて
汗が滝の様に流れ落ち、シャワー浴びて着替えること2回戦

ついに来た。これが再燃。明日は下痢。(潰瘍性俳句)

と思って迎えた朝は、下痢にはならず、出血少々
なのに、熱がケロっと下がっているよ!

潰瘍性大腸炎の再燃ポイント
1・下痢
2・出血
3・高熱
4・腹痛
5・(下痢による)脱水症状
6・(出血による)貧血
などなど
の中、3つをクリアしたら即病院行きなのですが
あと1つの症状がない!
ビンゴ.jpg

再燃リーチ・・・悶々とします

そのままどうにかなかったことになりますように〜
posted by オリド マキ at 18:51| 潰瘍性大腸炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

1ヶ月かけて3日で戻る

1ヶ月続いた下血がよやく治まりました

最初から最後まで、ただ単に下血するのみで
高熱も出なければ、腹痛や下痢にもならなかったので
主治医曰く「再発ではない」という結果に

じゃあ・・・
一体なんだったんだ
なんだったんだ.jpg

再発だったら、腹痛や下痢でのたうち回り
「再発かな?違うかな?」なんて問答する必要も無いくらいだという

再発でなく、前日食べ過ぎた寒ぶりと赤エビのお刺身に
翌日大阪で食倒れ(今井のきつねうどん、十八番のたこ焼き、美味しかったです)たのが原因だったとしたら
嘔吐や下痢になってしかるべきで
しかし1ヶ月も緩やかに下血なんてことにはならないでしょうと

カンピロバクターやメガロサイトウィルスの症状とも重ならないので
医師も「腸を覗いても多分わからない」
そしてIBD(炎症性腸疾患センター)の先生なので慣れたものなのか
ただ下血するだけではあまり驚いてくれない

ということでひたすら
「様子見」で1ヶ月
原因不明のまま完治となりました

思い当たるふしが唯一、お刺身暴食・大阪食倒れ(自業自得)だったので
ひたすら大人しく、お粥・お粥・うどん・お粥の毎日で
それは見事にスルスルと痩せていきました
でも
今まではじき出したことの無いベスト体重に
「やったー!」と思うことはなく
ゲッソリやつれた頬
衰えた筋肉の皮膚感
まったくもって
美しくなどない!!

40過ぎて、食事制限で痩せても
同じだけ筋力維持に努めない限り
ヘルシーなビューティーとは程遠いのです

しかし人間よくできたもので
下血していた1ヶ月はさほど食欲が湧かなかったので
「もしかしたら、このまま少食の道に進めるかも?」なんて、ほくそ笑んでいたものですが
体調が良くなった途端に
スタンドから球場に駆け出す高校球児の勢いで食欲が
高校球児.jpg

大暴れ


ご飯が美味しくて美味しくて
久しぶりのお肉に涙まで出て
食べれることが幸せ過ぎて
太るのなんてかまいやしない!

1ヶ月かけて減った体重
わずか3日で元どおり
頬もあっという間にふっくらを通り越して今ではパツンパツン☆
ご飯の美味しさを噛み締める幸せの春です



次の検査まであと1ヶ月
posted by オリド マキ at 16:09| 潰瘍性大腸炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする